梅雨だ!湿気だ!カビ祭りだ!カビに負けない押入れ対策は今でしょう!

平工 あつみ

平工 あつみ

整理収納アドバイザー

かび 湿気

6月といえば、じめじめ湿気。
毎年この時期は、カビがあっという間に繁殖します。
窓の結露を想像してください。カーテンもぐっしょり。朝の窓の水分は尋常ではないですよね。
湿気はあっという間に窓だけでなく、部屋中で増えていくのです。
特に湿気のこもりがちな場所は、カビに好まれますので要注意です。
押入れやクローゼットは時々あけていますか?
湿気はどこにでもあるので、空気が停滞しないように道を作ってあげることでカビの繁殖をおさえ、衣類などを守ることができます。

そこで、湿気が好む場所の中でも、普段開閉があまり多くない押入れの湿気対策をご紹介します。

 

スポンサードリンク

 

押入れにものをギュッと詰め込まない

一番大事なことになります。ものを詰め込んでいると、密閉した空間になってしまい、どんなに襖を開けたところで空気の通り道がありません。
まずは、本当に必要なものかどうか見極めて、必要なものに限定し、収納してくださいね。
手前から奥に何が入っているかがわかる程度の収納量、そして壁から5cm程度の隙間をあけて収納することが大切です。

お布団を入れる場合は、
「すのこ」を敷き空気が流れるようにする

お布団を入れる場合には「すのこ」を敷いて、左右と上だけでなく、下方からも空気の通り道を作ってあげることがポイントになります。
四方からの流れを作ることで、停滞しがちな余分な湿気も溜まりにくくなります。 特にお布団は接地面積が多いので、極力空間を作ることを心掛けて下さいね。

取り出しやすいように、
段ボールではない収納用品に入れて整理する

段ボールは非常に湿気が好む素材です。
梅雨時期はプリンタに入れてある紙も湿気でふにゃっとなったりすることはありませんか?
保湿性のある素材を、長雨と高温の中、そのまま閉め切った空間に置いておくと、カビが大量に繁殖してしまいます。
プラスチックや、ポリプロピレン製の収納用品に除湿剤を入れ、さらに押入れの両脇にも除湿剤を置くとより安心です。

週に1回程度は、
襖をすべてはずして空気を流す

押入れの内部は、空気が停滞しがちですので、定期的且つ能動的に押入れの中に空気を流しましょう。
ふすまを全部はずしてしまうのは効果的です。
はずせない場合には、片方だけでなく、両方を開けて押入れ内部とお部屋の空気が対流するよう意識してくださいね。

襖をはずしたタイミングで、
扇風機で風を通す

襖をはずす、または、襖を両側あけたタイミングで、押入れの端から、扇風機で風を送ります。 これは、強制的に停滞していた奥の湿気を流すためです。
お風呂上がりの浴室では、その後乾燥させるため、窓を開けたり、換気扇を回したりしますよね? 押入れには窓も換気扇もないので、かわりに扇風機で乾燥&換気をするわけです。

 

押入れに湿気が滞ったまま放置するとカビが大量発生し、元に戻すためには表面の洗いでは回復せず、内部の板まではがさなければならない場合があります。さらにそのカビで、大事にしているお洋服やお布団、アルバム等が傷んで二度と使えなくなることもあります。
湿気から大切なモノをダメにしないためにも、空気の通り道を確保することを心掛けて下さいね。
今一度湿気対策を考えた収納になっているか、見直して梅雨を乗り切りましょう!

スポンサードリンク

平工 あつみ
この記事を書いた専門家:平工 あつみ

生活に潤いと癒しを与える『生活リフォーム』

整理収納アドバイザー。建築リフォームより効果大!整理収納とインテリアで生活に潤いと癒しを与える「生活リフォーム」を提案します。
ブログ:整理収納の見直しと暮らし方の提案による「生活リフォーム」を

→詳しくはこちら

この記事が気に入ったら今すぐシェア!