自分に合ったハンガーラックの選び方!たくさん掛けたい?スッキリ見せたい?

芝谷 浩

芝谷 浩

収納スタイルコーディネーター、インテリアコーディネーター、NLD性格アドバイザー

 a0027_002337_m

 

洋服が増えてきたときに、収納を増やすことができるハンガーラック。このハンガーラックの購入で悩んでいる方からご相談をいただきましたのでご紹介します。

【質問】

突っ張り棒のタイプと、置いて使うタイプのハンガーラックでは、どちらの方がいいのでしょうか?それぞれのメリットとデメリットを教えてください。

【回答】

突っ張り棒のタイプとは、おそらく壁から壁へのつっぱりではなく、天井と床の間でつっぱるタイプのことではないかと思います。その前提で、突っ張り式と据え置き式のメリット・デメリットを整理してみましょう。

 

スポンサードリンク

 

■突っ張り式は見た目がスッキリ!

突っ張り式のハンガーラックには、以下のようなメリットがあります。
・接地面が狭いので見た目がスッキリする。
・接地面が狭いので掃除が楽。

デメリットは以下の通りです。
・耐荷重に制限があるので、多くの洋服をかけることができない。
・固定してしまうので、移動させるのに手間がかかる。

■洋服をたくさん掛けたいなら据え置き型

据え置き型のハンガーラックには、以下のようなメリットがあります。
・安定感があるため、突っ張り式よりも多くの洋服を掛けられる。
・キャスター付きの場合は楽に移動ができる。

デメリットは以下の通りです。
・接地面が広く、床が見えなくなるので見た目がスッキリしない。
・キャスターが付いていても、たくさんの洋服をかけるとかなり重くなるので、意外と掃除に手間がかかる。

■設置する環境や服の量によって使い分けを

手頃な据え置き型ハンガーラックをお探しであれば、キャスター付きのシングルパイプハンガーがオススメです。上部空間も有効活用したいのであれば、ドウシシャのルミナスラック・ワードローブの上下2段にハンガーパイプを取り付けて使用してみてはいかがでしょうか。

 

どちらがオススメか?と言っても、設置する環境や、掛けたい洋服の量によっても変わってきます。掛けたい洋服が数枚程度でしたら突っ張り式もいいと思いますが、ある程度の量の洋服を想定しているのであれば据え置き型のものをオススメします。ご自身にあったハンガーラックが見つかると良いですね。

(著:芝谷 浩)

スポンサードリンク

芝谷 浩
この記事を書いた専門家:芝谷 浩

「本当に自分に合った片づけ方」を一緒に見つけましょう!

片づけが難しいのは自分が置かれている状況とニーズが把握できていないから。自分をもっと理解して片づければ、毎日がもっと楽に、もっと楽しくなるはずです。
ブログ:New!収納教える.コム

→詳しくはこちら

この記事が気に入ったら今すぐシェア!