押し入れ活用!収納ケース・布団・スノコを使いやすく配置するには?

芝谷 浩

芝谷 浩

収納スタイルコーディネーター、インテリアコーディネーター、NLD性格アドバイザー

children-sleeping-1015884_640

住空間の洋風化が進んでも、和室の押入れはとても大事な収納スペースです。限られた押入れ空間に、大型の収納ケースや布団を上手く収納するにはどうしたら良いのかお悩みの方から質問を頂きましたのでご紹介します。

【質問】

現在、押入のふすまを外してカーテンを吊るした状態で使っています。押入れの上段に、4つの衣装ケースと布団1組をうまく片付けたいです。衣装ケースを2列に積んで、その横にスノコを敷いて布団を収納するか。または衣装ケースを横に4つに並べ上に布団を収納するか、のどちらにするか迷っています。

カビ防止のための風通しや、使いやすさを考えるとどちらがよいですか?

【回答】

 

スポンサードリンク

 

■衣装ケースを2列に縦積み、その横にスノコ+布団がおすすめ

●1:布団の上げ下ろしを考える

衣装ケースの上に布団を置く形にすると、押入れを使われる方の身長にもよりますが、毎日の布団の上げ下ろしが大変になると思われます。押入れ中段の高さを80cmとして、衣装ケースの高さを23cmと仮定すると、布団は103cm以上になってしまいます。私は身長178cmですが、それでも肘の高さくらいになり、布団の上げ下ろしが大変です。

布団のような大きなもの、重さのあるものは「腰くらいの高さ」がベストではないでしょうか。

 ●2:衣装ケースの変形を防ぐ

市販の衣装ケースの場合は、布団を上に載せると重さで変形することがあります。そのため布団は収納ケースの上ではなく、横に収納するのがおすすめです。

引出式ケースは重さで変形してしまうと、引出しの開閉がスムーズにできなくなる可能性があります。引出式ケースを押入の上段に積み重ねた場合には、上の段に収納したものが取りにくくなります。その場合は、よく使うものを下段に収納しましょう。

 

スノコの利用ですが、スノコの下に埃が溜まり「カビ」の温床になる場合があるので、私はおすすめしません。スノコを敷かない方が、毎日の布団の上げ下ろしもラクです。特に、今回はふすまを外してカーテンを吊るした状態でお使いのようですので、通気性の心配も少ないと思いますので、使わなくても問題ないと思います。

(著:芝谷浩)

芝谷 浩
この記事を書いた専門家:芝谷 浩

「本当に自分に合った片づけ方」を一緒に見つけましょう!

片づけが難しいのは自分が置かれている状況とニーズが把握できていないから。自分をもっと理解して片づければ、毎日がもっと楽に、もっと楽しくなるはずです。
ブログ:New!収納教える.コム

→詳しくはこちら

この記事が気に入ったら今すぐシェア!