時間を整理して暮らし方を見直してみませんか?「時間レコーディング」のススメ

とみやす かおり

とみやす かおり

整理収納アドバイザー

IMG_5707出典:http://cataso.jp

毎日忙しく、イライラしながら時間に追われていると、負のスパイラルに陥ってしまいがちです。 そんな時は、時間の使い方の見直してみましょう。「時間レコーディング」という方法をご紹介します。

 

スポンサードリンク

 

■時間の使い方を記録し、見える化する

IMG_6761出典:http://cataso.jp

ダイエットの方法にレコーディングダイエットというものがあります。これは、食べた物やカロリーを記録し見える化する事で、毎日の摂取カロリーや食事内容を把握し、自覚する事で、今後の食生活の改善につなげていくというものです。特別に食事制限をしなくても、自覚することで自然とダイエットしていくことができるというものです。

この時間レコーディングも、考え方はこのレコーディングダイエットと似ています。毎日の時間の使い方を記録し、見える化することで、時間を整理でき、暮らし方を見直すことにつながる時間の管理方法の1つです。

■「時間レコーディング」の手順

【1】24時間タイプ週間バーチカル表を用意
見開きの横軸に1週間分の日付、縦軸に1日の時間軸が印刷されたタイプの表を用意します。表は自分で作成しても良いですし、インターネットでフリーのものをダウンロードしても良いです。

【2】この表を、書き込みしやすい場所に置く

IMG_5708出典:http://cataso.jp

この表はクリップボードなどにはさみ、リビングやワークデスク上など、普段目に付く場所に置いておきます。使う色鉛筆も一緒に用意しておきましょう。

【3】ざっくり、時間の使い方を色分けする
どのように色分けするか、基準を決めておきます。あまり細かくせず、また何をしたかまでは書きません。 時間も30分単位で良いと思います。

例えば、私のはこのように色分けしています。
・青:睡眠
・赤:家事・食事・お風呂
・オレンジ:車移動
・黄色:公共交通機関移動
・緑、茶、紫:仕事 (大きく3つの種類に分けています)
・ピンク:プライベート(オフタイム)

【4】1ヶ月単位で振り返り、時間の使い方を見直す

1ヶ月経ったら、レコーディングの結果を見て振り返ります。そして次の月は少し意識して過ごしながら、レコーディングも続けていきます。

■「時間レコーディング」で、その月の自分を分析

実際に私の1月の時間レコーディングを分析してみます。

【睡眠時間】万年睡眠不足だと思っていた私でしたが、平均睡眠時間は6時間。
感想:思ったよりちゃんと寝てるじゃん!

【移動時間】公共交通機関での移動時間の合計は35時間。
感想:移動回数は23回。平均1.5時間のこの移動時間は、読書をするには適度な時間。

【フリー時間】51時間。
感想:1日に換算すると、1日2時間弱、休日は2日。もうちょっとフリーな時間をどこかに作る様にしよう。

■「時間レコーディング」から、前月を意識し今月の暮らし方を見直す

前月を意識した上で、今月の暮らし方を見直した結果がこちらです。ほんの一部ですが、紹介します。

【睡眠時間】平均睡眠時間は約6時間半。
見直しポイント:7時間は眠りたいと思いつつ、なかなか現実的には厳しい。でも少しでも意識して早く寝る様に。

【フリー時間】47時間。休日は4日。
見直しポイント:フリータイムは少なくなったけれど、休みは増えている。スケジューリングを調整し、丸1日オフの日を作ることを意識。気分転換をして仕事に臨めるよう心がけて。

 

私自身も時間レコーディングで、暮らしが見直せることを体感しました。 最初は時間を記録することが面白く、途中からはちょっと面倒になったりもしましたが、次第に改善されていくことが実感でき、 今では習慣になっています。毎日追われてる様な気がする方には、一度試してみることをおすすめします。

(著:とみやす かおり)

スポンサードリンク

とみやす かおり
この記事を書いた専門家:とみやす かおり

あなたの「いつも」を大切にする整理収納アドバイザー

家族みんなの「ベストバランス」を見つける暮らし方。片づけとは、家族みんなが幸せな暮らしを送るための手段。心が少しでも軽くなるようサポートします。
ブログ:ゆとりクリエイト ~千葉松戸・ 整理収納アドバイザー とみやすかおり ~

→詳しくはこちら

この記事が気に入ったら今すぐシェア!