普段の絵をevernoteで取り込み「子供の成長記録」にしよう!デジタル収納で思い出を大切に

笹田 奈美子

笹田 奈美子

整理収納コンサルタント、終活カウンセラー、デジタル収納サポーター

vol1-1_Fotor出典:http://cataso.jp

普段、子供が書いている「なにげない絵」。 わざわざ残すほどでもないかな、でも捨ててしまうのも…。
そんな時、デジタル収納にすれば、子供の成長の記録として残すことができます。

 

スポンサードリンク

 

 ■子供の普段の絵を成長記録にする「デジタル収納」

デジタル収納とは、紙や写真などを情報データとしてパソコンやスマホに取り込んで管理する方法です。データを取り込んだだけでは探しにくいので、アプリやソフトと連動させて使うと、検索や管理がとてもラクになります

今回は、絵を写真で撮ってデータ化し、evernote(エバーノート)というアプリで管理する方法をご紹介します。

1.evernote(エバーノート)を起動し、写真をパチリ

vol1-2_Fotor出典:http://cataso.jp

2.取り込んだデータにタイトルをつける

例えばここでは、「子供の名前」と「5歳1ヶ月 恐竜」と入れておきます。

 vol1-4_Fotor出典:http://cataso.jp

3.成長記録をストック!検索も簡単

vol1-3_Fotor出典:http://cataso.jp

今取り込んだこの絵は、検索画面に「5歳」と入力すれば、大量のデータの中からでもすぐに見つける事ができます。兄弟がいる場合は、名前で検索すれば、それぞれの成長記録も振り返ることができますし、年齢や絵のタイトルなど様々な検索ができます。

データはクラウド上に保存されるので、他の電子端末(パソコン・スマホ・タブレットなど)でもログインさえすれば、共有して見ることもできますよ。

 

デジタル化することで、普段の何気ない絵も”色あせない想い出”として残り、簡単に成長の記録として見ることが出来るようになります。デジタル収納は決して難しいものではなく、こんな普段の紙の整理からでもすぐに始められる方法です。

(著:笹田 奈美子)

スポンサードリンク

笹田 奈美子
この記事を書いた専門家:笹田 奈美子

時間と空間を生み出す!モノの活用術をあなたへ

置いているだけのモノを、もっと活用できる形にしてみませんか?
好きなものをぐっと側に、捨てるだけではない整理収納をご提案しています。
ブログ:居心地のいい部屋 -cozyroom-

→詳しくはこちら

この記事が気に入ったら今すぐシェア!