体操服と給食エプロン。兄弟同じモノを洗濯&収納する時に使える時短術!

井上 知恵子

井上 知恵子

整理収納アドバイザー

main出典:http://cataso.jp

週末になると子供が学校から持ち帰る「体操服や給食エプロンセット」たち。

そのまま洗濯して何となくしまうと、他の洗濯モノと混ざったり、兄弟がいると「これは誰の?」となったりして、後で仕分けしてセットするのに結構手間がかかります。

洗濯前に一つ手順を加えることで、後片付けが楽になり、家事の時短にもなります。

■1. 洗濯前に仕分けをして、セットを作る

体操服や給食エプロンを持ち帰ったら、洗濯をする前に仕分けをします。体操服セット、給食セット、兄弟がいる場合は、兄弟ごとにそれぞれのセットを作ります。

■2. セットごとに、粗めの「洗濯ネット」に入れて洗濯する

12969355_1050831484999141_1083900426_n出典:http://cataso.jp

それぞれのセットを洗濯ネットに入れて洗濯します。混ざらずに洗濯することができますよ。洗濯ネットは粗めのものを使うと良いでしょう。

■3.干す時も、それぞれのセットごとに並べて

同じセットのものは順に並べて干します。適当に干さずにセットで干すことがポイントです。

■4.乾いたらセットで取り入れる

乾いたら、そのままセットで取り入れて、体操服セット、給食セットとして準備しておきましょう。

■わかりやすい仕組み作りで、お手伝いも増えます

ちょっとした仕組み作りですが、手間が省けて、時短効果があります。

さらに、うれしいことに、この仕組みで、我が家の場合、家族のお手伝いが増えました。留守にしている間に洗濯モノが取り入れてあり、体操服や給食エプロンもそれぞれのセットに出来上がっていたのです。わかりやすい仕組み作りが大切だと改めて実感した一場面でした。

 

普段やっている手順を少し変えるだけでも、時短につながったり、お手伝い効果がアップしたりすることがありますよ。参考にしてみて下さいね。

 

(著:井上 知恵子)

井上 知恵子
この記事を書いた専門家:井上 知恵子

『ラクで楽しい暮らしづくり=RAKURASHI』

整理収納アドバイザー。3人育児でも出来る!快適でラクな暮らし=RAKURASHIを提案しています。
ブログ:RAKURASHI〜整理収納で日々の暮らしをラクに楽しく!〜

→詳しくはこちら

この記事が気に入ったら今すぐシェア!