【特集】cataso編集長、お片づけのプロに会いに行く(井上 知恵子さん編 最終回/全3回)

竹内 香予子

竹内 香予子

cataso編集長 整理収納アドバイザー

10719168_360770640756209_305349759_n

 

スポンサードリンク

 

特集「cataso編集長、お片付けのプロに会いに行く」

cataso編集長の竹内香予子です。今回は、cataso立ち上げ時からライターとして参加頂いている井上知恵子さんを紹介させていただいています。

私が井上さんと初めて出会ったのは、整理収納アドバイザーの1級検定試験でした。井上さんは、2013年資格取得後から同期の若林久子さんとコンビを組み、「RAKURASHI」(ラクラシ)の屋号で活動を開始。それから3年近くが経過し、今年からは更に4人が加わり「チームRAKURASHI」として活動の幅を広げようとされています。

連載第三回目は、新たに4人が加わり次のステージに向かおうとしている「チームRAKURASHI」についてご紹介します。

L-11

■「チームRAKURASHI」へ!理念に共感した新たなメンバーも加わって

編集長 井上さんと若林さんのコンビで活動されてきた「RAKURASHI」ですが、今年からは更に4人が加わったとお聞きしました。

井上さん(以下敬称略)そうなんです。久ちゃん(若林さんの愛称)と私でサービスを展開していましたが、ありがたいことに新規のお問い合わせも増える一方で、私たち2人では対応しきれなくなり、お客様を待たせてしまう状態になってきました。また、久ちゃんも私も子どもがいる身で病気や学校行事で動けない日もありますし、動ける日数も限られています。
そんな中でも、より多くのお客様の要望に応えることが出来るようにスタッフを増やす必要が出てきました。

編集長 そこでアシスタントとして加わったのが生熊有紀子さんと川下章子さんなんですね。

井上 そうなんです。生熊さんも川下さんも同じようにそれぞれでもお片付けサービスを展開されていたんですが、「RAKURASHI」の理念に共感して、チームに加わってくれました。「RAKURASHI」のサービスは基本2人1組みで現場に赴きます。なので、2人が加わってくれたことで、サービスを必要としてくださっている方をお待たせする期間を短縮出来るようになりました。
他に、佐々木ゆみかさんは、企業向けの営業と、インテリア関連のお仕事を手伝ってもらっています。西村みゆきさんは暮らし塾の受講生だったのですが、受講がきっかけでお片付けのプロを志すようになり、「是非RAKURASHIで働きたい」と希望してくださったことがご縁でチームに加わっていただきました。

編集長 西村さんはまるで新卒を採用したみたいですね。井上さんの活動がチームに、その先には組織になっていく、そんな過程にいるようですね。

井上 そうですね。特に生熊さんと川下さん、佐々木さんに加わってもらったことで、単に稼働率が上がっただけでなく、それぞれの強みも活かし新しいサービスをスタートさせることも出来ました。

L-92

■メンバーの強みも生かし、トータルで「ラクで楽しい暮らし」の提供

編集長 それはどんなサービスですか?

井上 川下さんは以前百貨店のアパレルで勤務をしていました。生熊さんは、パーソナルカラーアナリストや色彩検定の資格を有しています。2人は、その方に合ったファッションをアドバイスすることができる専門知識や経験を持っています。
また、佐々木さんはインテリアに長けた幅広い専門知識や経験を持っていますので、インテリアアドバイスをスタートする事が出来ました。

編集長 ファッションやインテリアのアドバイスとお片付け、どんな関係があるのですか?

井上 お片付けの作業ではじめにするのは「モノの要不要の仕分け」になります。洋服の場合、「ご自身に似合うかどうか」が仕分け基準の一つとなります。ですが、お片付けで困っている方の中には「何が自分に似合うのか」わからず洋服を買って、捨てられずに貯めこんでしまっていることがあります。

川下さんと生熊さんが加わってくれたことで、衣類の片付けに合わせて、ファッションのアドバイスをするサービスをスタートさせました。ご自身似合うものに気づいて頂いた上でお片付けの作業を進めることで、衣類のお片付けでお困りの方の「根本的な問題」の解決を目指しています。また、インテリアは片付けの問題が解決した後に、より快適で素敵な家を楽しみたい方の為のサービスです。

編集長 チームになることで、提供できるサービスが増えてきていますね。お格様の満足度も上がっていそうですね。

井上 完全には難しいですが、時間的にも内容的にも、対応出来るお客様の数が増えてきたように思います。チームになることで、トータルで「ラクで楽しい暮らし」を提供出来るようになりました。でも実は一番の変化は、私1人で動ける時間が取れるようになったことなんです。HPやブログ更新、お客様窓口の業務にスケジュール管理などはもちろん、打ち合わせや講演など1人で動く仕事もあり、その場合は作業に出られませんでした。そんな状態で、なるべくお客様の作業を優先するとなると、自分の時間を削るしかありませんでした。

今はスタッフだけで作業に入ってもらえる回数が増えたので、作業以外の時間を取れるようになり講演依頼なども受けやすくなりました。 スタッフ全員が優秀で素敵な人達なので、とても助けられていますし、私にはないスキルを持っているスタッフのお陰で仕事の幅も広がりましたね。

 

井上さんが始めたRAKURASHIはお客様でなく同じお片付けのプロにも共感を生み、チームとして活動の幅を広げています。お片付けを通じてお客様の暮らしをもっとラクで楽しくなるようサポートしていきたい。その想いはこれから更に発展していきそうです。

(取材・文/竹内香予子)

inouesan_pro_Fotor この記事で紹介したお片づけの専門家: 井上 知恵子 


整理収納アドバイザー。建築、インテリア関連の仕事に就いた後、DTP(印刷物)デザイナーを経て、結婚、育児を経験する中で、整理収納アドバイザー資格に出会う。3人目出産後、お片づけサポート「3人育児でも出来る!快適でラクな暮らし=RAKURASHI」をスタート。片付く仕組み作りで悩めるママ達を応援したい!と、整理収納による、すぐに片付く仕組みと時短家事の為の工夫などを提案している。・メディア掲載「収納王子コジマジックの収納&お片づけ上手な子供に育てる!収育のコツ」(実業之日本社)
詳しくはこちら⇒http://ameblo.jp/ra-kurashi/

この記事が気に入ったら今すぐシェア!