「どうしても捨てられない洋服」どうしたらいいの?

芝谷 浩

芝谷 浩

収納スタイルコーディネーター、インテリアコーディネーター、NLD性格アドバイザー

pants-389923_1920

他のモノはサクッと捨てられるのに、洋服だけはなぜか捨てられない・・・という方、
多いのではないでしょうか。「どうしても捨てられない洋服」には必ず捨てられない理由があります。

今回は捨てられない洋服にお悩みの方から質問を頂きましたので、ご紹介いたします。

【質問】

他のものはなんでも捨てられる方ですが、洋服だけは捨てられません。
特に15年以上前に購入したクレージュのサイズアウトした洋服が捨てられずにいます。高価な洋服でもコンマリさんのようにスパッと捨てられるものでしょうか。

【回答】

 

スポンサードリンク

 

■「洋服が捨てられない」には理由がある

洋服だけは捨てられないという方、確かにいらっしゃいます。

私のクライアントにも、こんな方がいました。
洋服が一部屋に収まりきれず、廊下まで衣装ケースやダンボール箱が山積み状態。洋服が大好きと言われているにも関わらず、それらの洋服はほとんど着ずに普段は娘さんのおさがりを着ている状況でした。

これらの事実だけを見れば「もったいない」と思っているだけでは?もしくは「ストレス」で洋服を買い込んでいるのでは?と思われてしまうかもしれません。

しかし、洋服を買い込んで捨てられなかった本当の理由は、お母様との「思い出」にありました。お母様が元気だったころ、一緒にデパートで洋服を買うのが楽しくて、亡くなった後もその思い出が忘れられず洋服を買い続けるという行動に駆り立てられていたそうです。

■思い出を捨てる必要はない

ご質問を頂いた方の場合は原因も状況も全く異なるかもしれません。
ただ、「クレージュ」と指定されていることも含めて考えると、決して「高価だったから」という合理的な理由で捨てられないわけではないように思いました。
「なんでも捨てられる」方であれば、基本的に家の中はモノでいっぱいということはないと思います。どうしても捨てられないと言うクレージュの洋服くらいは、残しておいてもいいのではないでしょうか?

■モノへの関心が薄い現代

世代の違いと言うべきか、若い人の場合は「モノに思い出が詰まる」ということが想像しにくく、簡単にモノを捨てることができる処世術を持っています。世代に関わらず同じ現代を生きるには、あっさりとモノを捨てることも必要になるでしょう。

 

 着ない洋服を持っていることは無意味に思われるかもしれません。
しかし、道具ではない観葉植物のように、着ない洋服だって癒しになることだってあると思います。

 (著:芝谷 浩)

スポンサードリンク

芝谷 浩
この記事を書いた専門家:芝谷 浩

「本当に自分に合った片づけ方」を一緒に見つけましょう!

片づけが難しいのは自分が置かれている状況とニーズが把握できていないから。自分をもっと理解して片づければ、毎日がもっと楽に、もっと楽しくなるはずです。
ブログ:New!収納教える.コム

→詳しくはこちら

この記事が気に入ったら今すぐシェア!