食事の仕度がラクになる!箸の長さとファミレス風カトラリー収納

青山順子

青山順子

整理収納アドバイザー・親・子の片づけマスターインストラクター

main出典:http://cataso.jp

片づけも準備も、ほんのひと手間が時短につながります。 例えばお箸の長さを揃えるだけでも、ちょっとしたイライラが無くなり、片付けや準備が楽になりますよ。

 

スポンサードリンク

 

■箸を揃える

お子さんの年齢にもよりますが、大人用箸に変えられるタイミングになったら、長さも色も種類も、家族で統一してしまうのがおすすめです。片付けるのも選ぶのもラクですし、「組み合わせがちがう~」ということもなくなります。業務用箸は使いやすくおすすめですよ。

我が家は21センチの長さの箸を使っています。一般的によく売っている長さは22.5センチが多いのですが、食器洗い機を使う場合、この1.5センチの長さの違いで、箸が引っかかってしまう原因になることもあります。食洗機を使っているご家庭は、箸を選ぶときは、入れたときに箸が斜めにならないかなど考慮して、長さを考えてみて下さい。

■メニューに合わせ、ファミレス風セッティング

DSC_0020出典:http://cataso.jp

箸などカトラリーは、食事のメニューに合わせて、使うものを人数分、カトラリーケースに入れて食卓へ出すのもおすすめです。食事を作りながらセッティングすれば手間もかかりません。

■引出しは仕切りケースで収納。よく使うモノは手前に

DSC_0024出典:http://cataso.jp

最近は、写真のような仕切りが100均でも購入できます。引き出し全部を開けなくても中身が確認できるよう、長いモノは縦に、よく使うモノは手前に収納しましょう。例えば、毎日お弁当を作るなら、お弁当グッズを手前の取り出しやすい位置にいれておくだけでも時短になります。

 

ほんの少しの差ですが毎日のことだからこそ、工夫してストレスなく過ごしたいものですね。たとえお箸一膳でも、不便を感じていてもなかなか買い替えや処分が難しいものです。購入するときに、ちょっと意識をすると不要なモノが増えにくくなりますよ。

(著:青山 順子)

スポンサードリンク

青山順子
この記事を書いた専門家:青山順子

整理収納で家も心も身軽に「人生の折り返し整理」

40代~50代は、活動的な年代。人生の折り返しともいえるこの時期に「過去」と「未来」のバランスを見直し、身の回りを整えてみませんか?
ブログ:うさぎのひきだし

 

→詳しくはこちら

この記事が気に入ったら今すぐシェア!