新生活の住居に適切な食器棚を購入したい!失敗しない選び方のポイントは?

芝谷 浩

芝谷 浩

収納スタイルコーディネーター、インテリアコーディネーター、NLD性格アドバイザー

146b89a20afa0059f0bee0dc204abec3_m

新しい住居での生活をスタートする時に、大きな家具などを購入する機会があります。今回は「食器棚」の購入でお悩みの方からご相談を頂いたのでご紹介します。

【質問】

食器棚の購入を検討していますが、電子レンジや炊飯器を置く台も必要なので、家電も置ける食器棚を買うか、それとも食器棚と家電用の台を別々に買うか悩んでいます。

二人暮らしではどのくらいのサイズで、どんなタイプの食器棚が必要なのか、また、どのような使い方をしているのかも教えて欲しいです。

【回答】

家族構成や予算、今後のライフスタイルなどによっても適切な食器棚は変わってきます。

 

スポンサードリンク

 

■二人暮らしなら、120㎝幅のオープンタイプの食器棚がおすすめ

二人暮らしの場合、棚幅120㎝でオープンタイプの食器棚を目安に考えるとい良いでしょう。上段にはカップ類、下段には鉢や皿を中心に収納すると、食料品なども十分にストックできるスペースが確保しやすくなります。

60㎝幅の食器棚と60㎝幅のオープンラックを組み合わせて使うのもお勧めです。
オープンラックなら買い替えや引っ越しをした際にも、レイアウト変更もしやすく、別の用途に転用することも可能で大変便利ですし、これから食器類を増やしていくのであれば、とりあえず家電を置くオープンラックだけ購入するというのも良いと思います。

幅120㎝のレンジ台付き食器棚を使用する場合、オープン部分は幅120cmしか確保できません。しかし、幅60cmのオープンラックなら60cm×4段=240cmのオープンスペースを確保することができます。電子レンジや炊飯器はもちろん、最下段には分別ゴミ箱、飲料のストック、上段にはパンや果物等を置くことも可能です。

どうしても組み込み式の米びつが欲しい場合を除いては、食器棚とレンジ台を別々に購入するより、食器棚とオープンラックを買った方がコスト的にもおすすめと言えます。

■サイズだけでなく、特徴も踏まえて選ぶと失敗しない

例えば、ドウシシャのルミナスラックは丈夫で価格も手頃ですが、用途によって棚板用シートを敷いたり、パンチング棚を組み合わせる必要があります。無印良品のスチールユニットシェルフは、棚板がフラットで見た目がシンプルですが、電子レンジの扉の開閉時にガタガタと揺れてしまいます。

食器棚やオープンラック選びで失敗しないためには、メーカーや種類によっての特徴を踏まえて選ぶことが大切です。

 

我が家では集合住宅に4人暮らしをしており、140㎝幅の引出式カウンターとオープンラックを組み合わせて使っています。引出式カウンターには食器や食料品をストックし、オープンラックにはキッチン家電を置いています。

生活の変化に合わせて、自分たちに合った使いやすい家具が見つかるといいですね。

(著:芝谷 浩)

スポンサードリンク

芝谷 浩
この記事を書いた専門家:芝谷 浩

「本当に自分に合った片づけ方」を一緒に見つけましょう!

片づけが難しいのは自分が置かれている状況とニーズが把握できていないから。自分をもっと理解して片づければ、毎日がもっと楽に、もっと楽しくなるはずです。
ブログ:New!収納教える.コム

→詳しくはこちら

この記事が気に入ったら今すぐシェア!