暮らしの小さなムダを省くと家事効率アップ!自分が使いやすい収納方法がイチバン

江川 佳代

江川 佳代

一般社団法人 親・子の片づけ教育研究所 理事

cover-1133991_640

整理収納や片付けは、それぞれのご家庭や個人で「何をゴールにするのか」によって進め方も違ってくるかもしれません。私が整理収納で一番重視しているのは、暮らしの中のムダを見つけて省くこと。

このムダというのは、自分が使いやすい収納方法になっているかどうかということです。ちょっとしたことだけど、小さなムダがないか?頭の隅に入れて過ごしてみると結構見つけることができます。

 

スポンサードリンク

 

■カトラリー収納。スプーンやフォーク、お玉はどっち向き?

sub1出典:http://cataso.jp

例えば、キッチンの引き出し収納。カトラリーやお玉や計量スプーンを、引き出しに入れる方向はどの様にされているでしょうか?

取り出しやすさを考えて、「持ち手側を手前に」収納している方も多いかもしれません。ただこの向きは、引き出しをかなり引き出さないと何のツールかわからないということがありますね。

これを「持ち手側を奥に」入れるように収納を変更してみます。すると、引き出しを少し引いただけでも何のツールが入っているのか一目瞭然に。目的のモノをサッと取り出せるようになり、家事効率が良くなります。

■ビニール袋類の収納。箱にある元々の開き口では使いにくい?

sub2出典:http://cataso.jp

キッチンの袋類。よく使うモノなので、ここも小さなムダを省くと家事効率がアップします。

例えば、ビニール袋類の収納。箱にもともとある、開き口は使いやすいですか? 立てて収納し、上の部分をカットし、取り出すところを開き口にすると、毎回ケースごと取り出さなくても、ビニール袋だけを取り出すことができるようになります。

■マグカップとスプーン。一緒に使うものはセット収納に!

sub3出典:http://cataso.jp

我が家では、マグカップにはいつもスプーンをセットしています。いつもマグカップを使うときにはスプーンが必要になるので、一緒に収納するようにしたところ、とても使いやすくなりました。使用して洗ったらここに戻すだけ。家族にもわかりやすい収納です。

 

暮らしの中のちょっとしたムダを省く。この大切さは、整理収納のパイオニア「町田貞子先生」の著書から学びました。ほんの小さなことですが、毎日行う動きは少ない方がラク。

片付けって大変な作業!というイメージがあるかもしれませんが、身近な収納をちょっと変えるだけでも家事効率がアップし、気持ちよく過ごすことができますよ。

(著:江川 佳代)

スポンサードリンク

江川 佳代
この記事を書いた専門家:江川 佳代

整理収納のプロだって「片づけ」に悩んでる!

親・子の片づけ教育研究所理事。親と子の片づけを「仕組みづくり」「関わり方」両方から発信中!
ブログ:『片づけなきゃ』から解放されたい!

→詳しくはこちら

この記事が気に入ったら今すぐシェア!