段ボールと紙袋があれば準備OK!「片付けスタート」に収納用品は必要なし

井上 知恵子

井上 知恵子

整理収納アドバイザー

紙袋

「片付けなきゃ」と思った時に、収納ボックスや収納ケースなどの収納用品を「まず買いに行こう」とする人多いですよね。ちょっと待って!片付けの始めに、収納用品は必要ありません。不要なダンボールと紙袋さえあれば十分ですよ。

 

スポンサードリンク

 

■片付けのスタートは、モノを仕分けることから

片付けスタートの基本はモノの整理からです。

「まず収納用品を買いにいこう」「100均に行って、収納ケースを探しに行こう」と考える人、間違いですよー?モノの整理には、収納ボックスや収納ケースは必要ありません。

■【1】不要になったダンボールや大きめの紙袋を用意

まずはざっくり入れやすいダンボール、大きめの紙袋を用意。不要になったものや余っているものが家にあれば、それを用意しましょう。

■【2】簡単仕分けボックスで、モノを仕分けていく

ダンボールや紙袋に、付箋を貼るなどして、種類や用途別に名前を付けた「仕分けボックス」をざっくり作ります。手に持ったモノがどういうモノか?というジャンルで、「○○するモノ」というように行動で考えると分けやすいと思います。

例えば

●リサイクル品は「リサイクルボックス」

●バザーに出すなら「バザーボックス」

●次の子の為に保管したいベビー用品は「ベビーボックス」

●マタニティは「マタニティボックス」

●浮き輪や水着が出て来たら「プール・海ボックス」

といった具合です。

■要不要は後回しでもOK!モノの現状把握をしましょう

不要なダンボールと紙袋に、ドンドン仕分けして入れていく、まずはこれだけやってみましょう。モノの整理の練習にもなりますよ。この時、要不要で分ける事は後回しでもOKです。 まずは、モノの現状を把握していきましょう。

 

モノの整理に収納用品を買いにいくのではなく、まずは手近なダンボールと紙袋を使って、モノを整理することから初めてみると、何が必要で必要ではないのかが見えていきます。その後、必要なものを入れるために収納用品を考えるというのが正しいステップなのです。

(著:井上 知恵子)

井上 知恵子
この記事を書いた専門家:井上 知恵子

『ラクで楽しい暮らしづくり=RAKURASHI』

整理収納アドバイザー。3人育児でも出来る!快適でラクな暮らし=RAKURASHIを提案しています。
ブログ:RAKURASHI〜整理収納で日々の暮らしをラクに楽しく!〜

→詳しくはこちら

この記事が気に入ったら今すぐシェア!