梅雨の「部屋干し」について、利便性と見た目と電気代の観点から比較してみた

芝谷 浩

芝谷 浩

収納スタイルコーディネーター、インテリアコーディネーター、NLD性格アドバイザー

梅雨の部屋干しについて利便性と見た目と電気代の観点から比較してみた

梅雨になると外で洗濯物を干すことができないので困りますよね。そうすると室内で干すことになるわけですが、室内干しの場合はどうしても生活感が出てしまいます。また、乾燥機などの電気代も気になるところです。

ジメジメしてうっとうしい今こそ、洗濯物の室内干しの仕組みを整えて部屋をスッキリするチャンスです。各部屋で干した場合の利便性や見た目、電気代をまとめてみましたので、ぜひ参考にしていただければと思います。

 

スポンサードリンク

 

■どの部屋で干しても、一定の利便性はある

私が今までにお邪魔したお宅で専用のドライルームや浴室乾燥機がない場合は、リビング、洗面脱衣所、寝室で室内干しをしていることが多いです。

リビングで室内干しをする場合は、そこで普段過ごすことが多いため洗濯物の状態を確認しやすく、家族と寛ぎながら洗濯物を畳めるというメリットがあります。洗面脱衣所の場合は洗濯機から取り出してその場で干すことができるのがメリット。ただし、一般的に広い場所ではないので、洗面や入浴の際に邪魔になりますし、湿気がこもりがちという問題もあります。寝室の場合は基本的に寝るとき以外に使わない場所が活用できるのがメリットと言えます。ただし夜干しする場合は洗濯物に囲まれて寝ることになりますので、ライフスタイル次第と言えます。

それぞれ、洗濯物を畳む場所、洗濯機のある場所、洋服を片づける場所ということで、利便性の面ではいずれも一定の合理性があると言えるでしょう。

■見た目の面では、やはりリビングはNGの可能性大

部屋干しをする場合にやはり気になるのは見た目の問題です。リビングに干すと来客時に困るだけでなく、家族と快適に過ごしたい場所が非常にうっとうしい状態になってしまいがちです。洗面脱衣所も来客時に困る可能性がありますが、トイレなどで手を洗ってもらうようにすれば問題ないと言うこともできます。寝室は基本的に来客に見られる心配はありません。ただし夜干しの場合は爽やかな気分で目覚めるのは難しそうです。

限られた家の中の空間ではどこに干しても見た目の問題は避けられませんが、やはり一番長い時間過ごすことが多く来客もあるリビングは避けたほうが良さそうです。

laundry-659149_640

■衣類乾燥除湿機は、電気代も室温も高くなる

最後に電気代について。まず実際にどれくらい掛かるのかというところを見ていきましょう。

●エアコン…約9.0~63.3円/3時間 ※6畳間の場合

●洗濯乾燥機…約16~25円/回 ※衣類6kgの場合

●衣類乾燥除湿機…弱6.6~速乾57.9円/3時間 ※衣類6kgの場合

まずエアコンで衣類を乾かす場合、冷房よりも除湿のほうが電気代を抑えられると誤解されがちですが、冷房も除湿も電気代は変わらないどころか、衣類乾燥モードを選んだ場合は20%ほど電気代が高くなる可能性があります。できるだけ室温の設定を高めにして、空調しつつ洗濯物も乾かすことができると考えれば合理的と言えます。ただし、エアコンは衣類を乾かすのがメインではないため洗濯物が乾くには時間が掛かります。

洗濯乾燥機で乾かす場合は、電気代は決して安いとは言えませんが高くなりすぎる心配もなさそうです。ただし、室内干し派にとっては乾燥機の仕上がりに満足がいかないからこそ室内干しをするのであって、この選択肢はあまり魅力的と言えないかもしれません。

衣類乾燥除湿機で乾かす場合は、電気代が高くなりがちなだけでなく、室温が高くなってしまうことも問題です。電気代自体はエアコンと同等ですが、エアコンの場合は快適な室温を保てる一方、衣類乾燥除湿機は夏場は不快な室温になってしまいます。

 

以上のことから、室内干しはできるだけリビングを避け、エアコンで室温をコントロールしつつ乾かすのがもっとも合理的と言えそうです。早く乾かしたい場合はあらかじめ洗濯乾燥機で乾かしておくのも効果的でしょう。扇風機を併用するとより電気代を抑えることができることも併せて記しておきたいと思います。

(著:芝谷 浩)

スポンサードリンク

芝谷 浩
この記事を書いた専門家:芝谷 浩

「本当に自分に合った片づけ方」を一緒に見つけましょう!

片づけが難しいのは自分が置かれている状況とニーズが把握できていないから。自分をもっと理解して片づければ、毎日がもっと楽に、もっと楽しくなるはずです。
ブログ:New!収納教える.コム

→詳しくはこちら

この記事が気に入ったら今すぐシェア!