収納フックがすぐ落ちてしまう!キッチン壁面に調理器具を「吊るす収納」するコツは?

芝谷 浩

芝谷 浩

収納スタイルコーディネーター、インテリアコーディネーター、NLD性格アドバイザー

6f319f3f65d239bb4e585ce85dcf1d47_s

賃貸マンションは壁などに傷をつけないよう、色々と気を使いますね。キッチン壁面へ調理器具を吊るす収納についてのご質問を頂いたのでご紹介します。

【質問】

賃貸マンションに住んでいて、キッチン壁面に吊るす収納をしたいと考えています。そこで粘着タイプの収納フックをつけ、ワイヤーネットを引っかけたところに、おたまやフライ返しを吊るしました。すると、重量の限度を超えていないのにネットごと落ちてしまいました。

キッチン壁面は、吸盤がくっつかないタイプの壁です。上手く吊るす収納をするにはどうすればいいでしょうか。

【回答】

 

スポンサードリンク

 

■粘着タイプの収納フックは24時間放置してから使用!

勘違いされている方が多いのですが、通常、粘着タイプの収納フックは、貼り付けた後24時間程度放置したうえでモノを引っかけなければなりません。粘着テープの接着剤は貼り付けてすぐには安定しません。しばらく放置することで定着します。取扱説明書にも記載されているはずです。

そして貼り付けに失敗しても、通常貼り直しはできません。

■キッチン壁面のデコボコが原因かも?!

説明書に書かれている通りに放置したのにモノを引っかけたら落ちてしまったのなら、それは壁の表面のデコボコが原因かもしれません。その場合は超強力タイプの両面テープを試してみてください。

■吊るす収納には、専用の強力両面テープがおすすめ

強力な両面テープのおすすめは、3Mの超強力両面テープ粗面用です。我が家のキッチンも壁面にデコボコがあるので、この両面テープを使っています。調味料ラックやツールバーを貼り付けていますが、ビクともしていません。ただ、強力なだけに、はがしにくいという欠点もあります。

 

いかがでしょうか?粘着タイプの収納フックを貼りつけてすぐに使ってしまう方は意外と多いのではないでしょうか。正しく使って、それでもだめならひと工夫。粘着タイプのメリット・デメリットを理解したうえで気持ちよく収納できるようにしたいですね。

(著:芝谷 浩)

スポンサードリンク

芝谷 浩
この記事を書いた専門家:芝谷 浩

「本当に自分に合った片づけ方」を一緒に見つけましょう!

片づけが難しいのは自分が置かれている状況とニーズが把握できていないから。自分をもっと理解して片づければ、毎日がもっと楽に、もっと楽しくなるはずです。
ブログ:New!収納教える.コム

→詳しくはこちら

この記事が気に入ったら今すぐシェア!