奥行きのある「廊下の押入れ収納スペース」を有効活用するには?

芝谷 浩

芝谷 浩

収納スタイルコーディネーター、インテリアコーディネーター、NLD性格アドバイザー

8cf82f111ddea8401bc2e9cabb094871_l

廊下にある押入れ収納は、是非有効活用したい場所です。収納方法によって使い勝手が左右される場所だからこそ、ちゃんとした収納家具選びが重要になりそうです。押入れ収納の使い方や収納家具選びのポイントをご紹介いたします。

【質問】

廊下にある押入れ収納で困っています。サイズは奥行きがあり、奥行83センチ、幅60センチ、高さ111センチくらいです。ティッシュペーパーや飲料水や細々とした小物などを収納したいです。

押入れ収納に合った、出し入れしやすそうなキャスター付きの家具での収納を考えていますが良い物がみつかりません。何か良い方法がありましたら教えてください。

【回答】

 

スポンサードリンク

 

■「引出式衣装ケース+スチールラック」の組み合わせが使いやすい

廊下の押入れ収納に、ティッシュペーパーや飲料水などのストック収納をしたいのでしたら、押入れ収納用の引出式衣装ケースとスチールラックの組み合わせが使いやすいです。

引出しは細々とした小物に最適ですし、スチールラックなどの棚は飲料水などの重い物の収納に適しています。また、ティッシュペーパーは場所をとるので、棚への収納が向いています。

この場合、押入れ収納の幅が60センチなので、幅40センチの引出式衣装ケースと押入れ収納用カートの組み合わせもあります。もし、残りの幅に合う20センチのキャスター式のスチールラックにすると、奥の物が取り出しにくくなるからです。

ストックの飲料水などが少ないのであれば、押入れ収納用カートがオススメです。もしくは、押入れ収納の幅に合うスチールラックの上に、引出式衣装ケースやコンテナボックスを乗せる収納方法も考えられます。

■奥行きのあるスペースは、手前と奥のスペースを分けて使うのも効果的

押入れ収納の奥に、スチールラック等の棚を置き、手前に奥行40cmの引出式衣装ケースを置くのもオススメです。手前と奥のスペースを分けて収納場所を作る方法は、奥行きのある押入れ収納に効果的です。

もし、キャスター付きの家具を選んでも、モノを収めた状態で動かすのは大変です。引出式衣装ケースの出し入れは、奥までは使うことはあまりありません。

 

ここまででいくつかの組み合わせを挙げてみましたが、他にもいろいろな組み合わせや収納方法が考えられます。スペースに合わせただけの家具選びは、逆に使いにくくなってしまうことも。まずは、収納するモノの使用頻度や出し入れしやすい収納方法をしっかりイメージして、それに合った最適な収納ができることが理想的です。

(著:芝谷 浩)

スポンサードリンク

芝谷 浩
この記事を書いた専門家:芝谷 浩

「本当に自分に合った片づけ方」を一緒に見つけましょう!

片づけが難しいのは自分が置かれている状況とニーズが把握できていないから。自分をもっと理解して片づければ、毎日がもっと楽に、もっと楽しくなるはずです。
ブログ:New!収納教える.コム

→詳しくはこちら

この記事が気に入ったら今すぐシェア!