カラーボックス収納用「布製インナーボックス」の補強に!オススメDIY術

芝谷 浩

芝谷 浩

収納スタイルコーディネーター、インテリアコーディネーター、NLD性格アドバイザー

box-933179_1920

カラーボックス収納用のインナーボックス。細々としたものを収納できて、カラーボックスを「引き出し」として使えてとても便利ですね。

しかし、いろいろな素材のものがあるので、時には強度に不安なものもあります。そんなカラーボックス収納用の「インナーボックスの補強」についてご質問をいただきましたのでお答えいたします。

【質問】

カラーボックス収納に使っている「布製のインナーボックス」に強度をつけたいです。側面と底に厚紙のようなものが芯として入っていますが、もっと強度をつけたいです。

内側に補強のための木材などを貼り付けることを考えていますが、何か良い方法はありますか?また、近くにホームセンターがないので、ネットで材料を頼むなら、何かオススメはありますか?

【回答】

 

スポンサードリンク

 

■布製インナーボックスの補強に「プラスチックダンボール」DIY術

カラーボックスに使うインナーボックスの強度を増したいのであれば、プラスチックダンボールで内側にピッタリ合う箱でDIYをして、収納するのはいかがでしょうか?

プラスチックダンボールは、一畳くらいの大きさであれば、1枚=1,000円位で購入することが可能です。それくらいの大きさがあれば、インナーボックス2個分の補強用の箱をDIYすることができます。プラスチックダンボールは、カッターナイフで切ることが出来ますので、インナーボックスに合わせてDIYすると良いですよ。

ただ、たくさんの枚数をきれいにカットするのが難しい、ご近所にホームセンターがないとプラスチックダンボールが手に入らない場合もあります。意外とコストがかかると思われるかもしれません。

■DIYの手間とコストを考えるなら、強度のあるボックスに買い替えても

ネットで注文することをお考えであれば、カラーボックスに使える「カラーコンテナ」というインナーボックスがあります。ネットショップなどで探してみてください。値段も手頃で、プラスチック製なので強度もありしっかりしているので、カラーボックス収納にオススメですよ。

 

まず、あるものをできる限り使うように知恵を絞ることはとても大切です。ですが、時にはコストと手間を考えて、状況に合わせた選択をすることも同じように大切です。今、お使いのカラーボックス収納にぴったりとくるインナーボックスがみつかると良いですね。

(著:芝谷 浩)

スポンサードリンク

芝谷 浩
この記事を書いた専門家:芝谷 浩

「本当に自分に合った片づけ方」を一緒に見つけましょう!

片づけが難しいのは自分が置かれている状況とニーズが把握できていないから。自分をもっと理解して片づければ、毎日がもっと楽に、もっと楽しくなるはずです。
ブログ:New!収納教える.コム

→詳しくはこちら

この記事が気に入ったら今すぐシェア!