キッチンの収納家具「鏡面仕上げとプリント化粧板」どちらがおすすめ?選ぶ時に知りたいデメリット

芝谷 浩

芝谷 浩

収納スタイルコーディネーター、インテリアコーディネーター、NLD性格アドバイザー

547644-syugo01 

キッチン収納についてお悩みの方は、大変多いと思います。収納家具もさまざまな形や素材のものが出回っていて、どれがいいのかわからない場合もありますね。

今回は、キッチンラックの購入についてお悩みの方からご質問を頂きましたのでご紹介いたします。

【質問】

キッチンラックを購入したいと思っています。鏡面仕上げのものとプリント化粧板があるのですが、どちらのキッチンラックがおすすめでしょうか?

両方の素材のデメリットを知りたいです。

【回答】

キッチンラックの鏡面仕上げとプリント化粧板とは、一般的に、鏡面仕上げは、ポリエステル樹脂が貼ってあるものや、塗装をしているもの、プリント化粧板は、紙に印刷したものとなります。

 

スポンサードリンク

 

■鏡面仕上げ、プリント化粧板のデメリット

それぞれのデメリットだけを、簡単にピックアップすると以下のようになります。

【鏡面仕上げ】

・プリントした紙よりコストが高い=高価格

・指紋が目立ちやすい

・塗装の場合、欠損や傷がつくことがある

【プリント化粧板】

・エンボス加工が施されていいない場合、粘着テープを貼って剥がす際にプリント紙が剥がれる。

・安っぽい見た目になる

・湿気や水に弱い

■どちらかをオススメするなら、鏡面仕上げのキッチンラック

鏡面仕上げ、プリント化粧板のどちらも合板ですので、決して水に強いわけではありません。

鏡面仕上げ、といっても扉や引出しの前板だけの加工になると思います。そのため万全とは言えませんがキッチンにどちらかを置くなら、鏡面仕上げのほうをオススメします。

 

いずれも湿気に強いわけではないので、設置場所やそれぞれの特徴などを踏まえた上で、ぴったりのキッチンラックを探してみてください。

(著:芝谷 浩)

芝谷 浩
この記事を書いた専門家:芝谷 浩

「本当に自分に合った片づけ方」を一緒に見つけましょう!

片づけが難しいのは自分が置かれている状況とニーズが把握できていないから。自分をもっと理解して片づければ、毎日がもっと楽に、もっと楽しくなるはずです。
ブログ:New!収納教える.コム

→詳しくはこちら

この記事が気に入ったら今すぐシェア!