お風呂の嫌なカビを撃退!お掃除しやすい収納とカビ予防の工夫を大公開

澤田 真美子

澤田 真美子

整理収納アドバイザー 防災・減災アドバイザー

bathtub-1078865_640

お家の中で、嫌なカビが発生しやすい場所のひとつに、お風呂場があります。毎日使う場所ですし、衛生面も気になりますね。お風呂場にカビを発生させないためには、お風呂グッズの収納の工夫とこまめな掃除、そして換気が必要です。お風呂のカビ予防に役立つポイントをご紹介します。

 

スポンサードリンク

 

■床にモノを置かない工夫!お風呂グッズのカゴ収納

シャンプーやボディーソープなどのボトルを、お風呂場の床や棚に置きっぱなしにしてしまうと、ボトルの底の部分がぬるぬるしてカビの原因になりますし、シャンプーボトルが何本もお風呂場にあるのは見た目もスッキリしません。お掃除のハードルもあがってしまいます。

例えば、持ち手のついたカゴを用意し、シャンプーやボディーソープ等必要なモノを入れ、お風呂に入るときはそのカゴごと持って入るのも有効な方法です。入浴が終わったら、このカゴは脱衣所など風通しのよい場所に置いておくようにします。家族の中で、好みのシャンプーやボディーソープがある場合は家族ごとに分けてもいいでしょう。

洗面器などは、フックを使って空間を利用した収納がおススメです。ひっ掛ける収納にすることで、お風呂場の床にはモノを置くことがなくなり、お掃除がしやすくなります。フックは専用のモノをホームセンターや100円ショップなどで購入することができます。先ほど紹介したカゴ収納が難しい場合にもこのひっ掛ける収納がおすすめです。

■無理なくこまめな掃除!カビ防止にロウを活用

お風呂の嫌なカビを撃退!お掃除しやすい収納とカビ予防の工夫を大公開!出典:http://cataso.jp

お風呂に入ったら、毎日お掃除をするようにしましょう。浴槽だけでなく、壁、天井、椅子、床など、シャワーでお水をかけながらスポンジなどでこすります。汚れがひどくなければ、洗剤などを使う必要はありません。仕上げにお風呂場の中の水気をよくふきとります。スクイージーを活用してもよいですね。

お風呂場のタイル目地などの汚れが気になる場合は、使い古しの歯ブラシなどでこするとよいですね。タイル目地はお風呂に入りながらお掃除するのもおススメです。あまり長時間やると体調が悪くなることもありますので、無理のない範囲で「今日はここのエリアの掃除をしよう」と少しずつ場所を決めて行いましょう。

また、あらかじめタイル目地にロウをぬっておくと、カビ防止になります。

■換気扇や窓を開けてしっかり換気!

お風呂場はどうしても湿気がこもりがち。しっかりお掃除したあとは、換気もしっかり行いましょう。お風呂場に換気扇が設置されている場合は、スイッチをいれておきます。

小さいお子さんや、ペットのいるお家では難しいかもしれませんが、扉をあけっぱなしにしておくのも効果がありますよ。

 

気持ちよくリラックスできるお風呂場にする為に、収納と掃除、簡単にできるカビ予防の方法をご紹介いたしました。ちょっと面倒に感じるかもしれませんが、カビが発生してしまった後にカビを取り除く作業の方がもっと面倒になりますので、できるところから、お試しください。

(著:澤田 真美子)

スポンサードリンク

澤田 真美子
この記事を書いた専門家:澤田 真美子

安心・安全な暮らしのためのおうちづくり

整理収納アドバイザー。防災を意識した、安全で快適な空間をつくるための整理収納方法をお伝えしてします。

 

→詳しくはこちら

この記事が気に入ったら今すぐシェア!