片付けているはずなのに散らかっちゃう?キレイになるために必要な過程!

澤田 真美子

澤田 真美子

整理収納アドバイザー 防災・減災アドバイザー

hotel-1330845_640

お家の中が散らかっているので、様々な情報をたよりに片付けをしてみようとしたけれど、なんだか余計に散らかっている、ということはありませんか?

片づけているのに散らかってしまった。これはキレイになるために必要な過程です。片付けを進めていくと、一時的に散らかった状態になりますが、片付けポイントを押さえれば大丈夫。上手に乗り切って、スッキリ整ったお家を手に入れましょう。

 

スポンサードリンク

 

■1.モノの量を減らしてしまう

あなたのお家にあるモノの量はどうですか?生活にあった量になっていますか?

住んでいる人の人数、間取り、収納スペース等考慮して、モノが多すぎないか確認しましょう。モノが多いと、どうしても散らかりやすくなります。

生活にあったモノの量、適正量を決める方法として、「○個だけにする」というように数で決める方法の他に、「ここに入る量だけにする」というように、収納スペースで決める方法があります。

■2.モノの仕分け作業は一時的と割り切る

クローゼットや戸棚などの収納スペースに押し込んでしまったモノを取り出し、壊れていないか、今の自分の暮らしに必要なモノかそうでないモノなのかを仕分けしていく作業をします。

この作業中はまさに部屋中がモノだらけになります。しかし、散らかしているわけではありません。作業中はモノを広げるので一時的に散らかったように見えるのですが、キレイな状態になるための通過点です。

■3.モノの住所を決めて収納する

家の中にある不必要なモノを処分したり、リサイクルショップなどに売ったりして手放した後は、手元に残るのは必要なモノのみになるはずですね。その必要なモノ、どこに何をしまったらいいか悩んでいませんか?

モノの収納場所に悩んだら「使うモノのそばに収納する」のがおススメです。そのほか、使用頻度別に、使用頻度の低いモノは奥の方や上、または下などに収納する方法があります。

 

一生懸命片づけているはずなのに、散らかってしまう。そんな時に見直していただきたいポイントをご紹介いたしました。整ったお家を手に入れるために、楽しく無理なくお片付けをすすめていきましょう!

(著:澤田 真美子)

スポンサードリンク

澤田 真美子
この記事を書いた専門家:澤田 真美子

安心・安全な暮らしのためのおうちづくり

整理収納アドバイザー。防災を意識した、安全で快適な空間をつくるための整理収納方法をお伝えしてします。

 

→詳しくはこちら

この記事が気に入ったら今すぐシェア!