今年の夏、浴衣着た?収納されたまま「浴衣」のリメイク法とレンタル活用のすすめ

澤田 真美子

澤田 真美子

整理収納アドバイザー 防災・減災アドバイザー

e1ea48d187165b03c840d63189015530_s

夏祭りや花火大会、浴衣を着たくなるイベントがたくさんありましたね。でも、浴衣は持っているけど着付けが面倒だったり、お手入れが面倒だったりして、もう何年も着ていない、という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

来年こそは着よう、そう思って何年も先延ばしにしているのなら、思い切って手放してみてはいかがですか?お気に入りの浴衣は、かんたんに身近なモノにリメイクすることができますよ。また、小物だけでなく、ワンピースなどの洋服にリメイクすることができます。

 

スポンサードリンク

 

■浴衣を「のれん」にリメイク

浴衣の柄によりますが、夏らしい柄の浴衣はのれんにピッタリ!サイズを測って切ったら端をぬうだけ。縫い方も直線に縫うだけなのでミシンでも手縫いでも簡単に作ることができます。

■浴衣を「風呂敷」にリメイク

風呂敷は浴衣を正方形に切り、きったところをほつれないように縫うだけで、手軽につくることができます。1枚の浴衣から何枚も作ることができますよ。好みで大きさを変えても素敵です。

■浴衣を「ワンピース」にリメイク

浴衣を使って、涼しげなワンピースを作ることができます。洋服のお直し屋さんでやっていただけます。また得意な人は自分でチャレンジしてみてもよいですね。本屋さんだけでなく、図書館やインターネットを利用して型紙を手に入れることもできます。

■浴衣が着たくなったらレンタルを利用してみても

浴衣もレンタルがあるのをご存知ですか?
例えば、東京六本木にある「着物レンタルふいんち」さん。着物や袴などのレンタルをしているお店ですが、浴衣のレンタルもあります。予約不要でレンタルできて着付けもしてもらえます。男性の浴衣もレンタルできるので、カップルでさっと浴衣を着てお出かけもいいですね。

お住まいの地域にも、浴衣のレンタルをしているお店があると思いますので、調べて活用してみてくださいね。

 

せっかく持っている浴衣も何年も着ていないなら思い切って手放してみてはいかがでしょうか?レンタルを利用すれば、着たい時にいつでも着られますし、お手入れや収納に悩まされることがありません。ご参考になさってください。

(著:澤田 真美子)

スポンサードリンク

澤田 真美子
この記事を書いた専門家:澤田 真美子

安心・安全な暮らしのためのおうちづくり

整理収納アドバイザー。防災を意識した、安全で快適な空間をつくるための整理収納方法をお伝えしてします。

 

→詳しくはこちら

この記事が気に入ったら今すぐシェア!