床下収納を上手に使う!高さのある空間を有効に利用する収納方法とは?

芝谷 浩

芝谷 浩

収納スタイルコーディネーター、インテリアコーディネーター、NLD性格アドバイザー

dish-shelf-1290428_640

床下収納のように、住宅の隙間空間を利用した収納場所は、使い勝手の良いサイズばかりではありません。今回は、床下収納の空間を上手く使用する方法についてお悩みの方からご質問を頂きましたので、ご紹介します。

【質問】

深さのある床下収納が上手く使用できず、少量のモノしか収納できていません。高さを生かした良い収納方法があれば教えて下さい。

食器や、普段使用しない調理用具などを収納していますが、それぞれにカタチが異なりワレモノもあります。使用しないモノは処分するべきだと思うのですが、一時的にでも収納しておきたいと考えています。

【回答】

キッチンにある床下収納ユニットのような寸法の、一般的な収納スペースと考えて回答させて頂きますね。

 

スポンサードリンク

 

■床下収納ユニットの上方にカゴを渡して空間を区切る

一般的な床下収納ユニットの場合は、ユニット上方の縁の部分に渡すカゴが付属している場合がよくあります。そのカゴで上下に空間を区切り、効率良く収納することが可能になっているのです。

元々カゴなどが付いていない場合には、後からパーツだけを買い足すのは難しいと思います。

■高さがある空間はコの字型のラック活用がおすすめ

高さがある空間の収納は、基本的に上下に区切る、と考えましょう。上方の縁の部分に渡すカゴが無い場合は、幅・高さが変えられるコの字型のラックが、モノの大きさに合わせやすく収納に便利です。

コの字型のラックの上部には「わりとよく使うモノ」、下部には「ほとんど使わないモノ」を収納すると良いでしょう。一般的なキッチンのシンク下ボックス用の伸縮ラックなどが使えそうですね。100均のコの字型のラックは強度がないので、おすすめできません。

■DIYも可能!ザックリと仕切るのがおすすめ

コの字型のラック以外の収納アイテムとしては、積み重ねられるフタ付きのコンテナボックスも考えられます。ただし、ビッタリサイズのボックスを見つけることや、高さを合わせるのは、難しいかもしれません。

ホームセンターで板などの材料を購入して、収納するモノの大きさや収納スペースに合わせてDIYしても良いですね。あまりギュウギュウに詰め込まず、ザックリと仕切るように収納する感じがおすすめです。

 

るフタ付きのコンテナボックスを活用する場合は、深さのある床下に収納するものが食器中心であれば、ホコリの進入も防げて、ちょうど良いのではないかと思います。

(著:芝谷 浩)

スポンサードリンク

芝谷 浩
この記事を書いた専門家:芝谷 浩

「本当に自分に合った片づけ方」を一緒に見つけましょう!

片づけが難しいのは自分が置かれている状況とニーズが把握できていないから。自分をもっと理解して片づければ、毎日がもっと楽に、もっと楽しくなるはずです。
ブログ:New!収納教える.コム

→詳しくはこちら

この記事が気に入ったら今すぐシェア!