部屋をスッキリさせたい!「普段使いの日用品収納」すぐに始められる片付けのポイント

澤田 真美子

澤田 真美子

整理収納アドバイザー 防災・減災アドバイザー

home-1438305_640

季節モノやストック品と違って、毎日使うモノだからこそ、日用品の収納のコツはぜひ知っておきたいですよね。整理収納を心掛けているものの「日常使っているモノがうまく片付けられない」というお悩みをお持ちの方からご質問を頂きましたので、ご紹介します。

【質問】

自分なりに整理整頓をしているつもりですが、普段使っているモノが上手に収納できません。モノの量はトランク1つ分ほどで、多くはないです。

使いやすい収納にして、適切な収納場所の配置ができれば、部屋がスッキリするのでしょうか。日用品収納の考え方を教えて下さい。

【回答】

収納の考え方や収納の配置は人それぞれですが、おすすめの方法を3つご紹介しますので、参考にして下さい。

 

スポンサードリンク

 

■「使う場所のそば」に収納する

例えばリビングで使うモノはリビング、キッチンで使うモノはキッチン、というように使う場所のそばに収納しましょう。そうすると、モノを取り出す時も片付ける時もラクになります。

■使うモノをまとめて「グルーピング収納」にする

グルーピング収納とは、「メモ帳とペン」「アイロンと霧吹きと当て布」など、一緒に使うモノをセットにしてグループにしておく、という整理方法です。

グルーピングしたセットは、カゴやケースなどに入れておきます。カゴやケースごとに取り出すことができるので、必要な時にも慌てずにすみますよ。

■収納場所を決めるのは「使用頻度別」で

使用頻度によって収納場所を決めるようにすると、片付け作業がスムーズになります。

例えば、毎日使うモノは手が届きやすく取り出しやすい場所へ収納する、使用頻度が低いモノは棚の上や引き出し奥へ収納する、などです。

 

すぐに始められる片付けのポイントをお伝えしました。ぜひ、お試し下さい。

(著:澤田 真美子)

澤田 真美子
この記事を書いた専門家:澤田 真美子

安心・安全な暮らしのためのおうちづくり

整理収納アドバイザー。防災を意識した、安全で快適な空間をつくるための整理収納方法をお伝えしてします。

 

→詳しくはこちら

この記事が気に入ったら今すぐシェア!