夏休み!今こそ「3つの作戦」でおうちをスッキリ片づけるチャンス

芝谷 浩

芝谷 浩

収納スタイルコーディネーター、インテリアコーディネーター、NLD性格アドバイザー

夏休み!今こそ「3つの作戦」でおうちをスッキリ片づけるチャンス

子供にとっては、とても楽しみな夏休みも、親にとってはなかなか大変なものです。あちこち遊びに連れていってやらなければならなかったり、三食用意してあげなくてはなりません。家を片づけるどころか、散らかる一方ということも多いのではないかと思います。

思わず、「大人も子供のように夏休みが欲しい!」と言いたいところですが、そんな今こそ3つの作戦で家の中をスッキリ片づけてみてはいかがでしょうか。

 

スポンサードリンク

 

■いつ片づけるの?今でしょ!

夏休みの宿題を計画的に毎日少しずつこなすお子さんもいると思いますが、実際には7月中にほとんど終わらせてしまう子供がいる一方で、ギリギリになって慌てる子供も多いと思います。大人だって同じで、毎日コツコツ片づけるというのはなかなか難しいものです。

家中全部を一気に片づけようと思ったら、だいたい1週間掛かります。だから毎日コツコツ片づけるのは難しいなと思う人は、夏休みの期間中に数日から1週間の片づけをする日をあらかじめ決めておけば良いのです。お盆休みに実家に子供を預けても良いですし、土日のどちらかは片づけに集中するという計画を立てるのも良いでしょう。

■アウトドアも良いけどインドアがオススメ!

子供を連れて外に遊びに行くとなると、必要なモノを引っ張り出し、帰ったらまたそれを片づける必要があります。そうすると片づけるどころか逆にどんどん片づかなくなっていきます。

今年の夏は暑いですから、アウトドアの予定をできるだけ減らしてインドアで過ごす機会を増やしてみてはいかがでしょうか。それだけで家の中が散らかりにくくなりますし、家の中で過ごす機会が増えると家の中で快適に過ごすためのヒントが見つかりやすいものです。また、外に出掛ければ疲れて片づけなんてしたくなくなりますが、家の中で過ごせば疲れませんので「ちょっと片づけようかな?」と思うことも増えるはずです。

■ふだん世話の掛かる子供を逆に戦力化!

普段から子供というものは世話の掛かるものです。一方、夏休みは子供に新しい経験をさせる機会と言うことができます。でも親は子供のように1ヶ月以上も仕事が休みではありません。それならばこの機会に、散らかしモンスターを片づけの戦力に変えてしまいましょう。

「夏休みなんだからお手伝いくらいしたら?」と言っても子供はなかなか動いてくれません。ゲーム感覚で片づけさせてみたり、ご褒美をちらつかせて、子供が楽しんで片づけられるように仕向けてみましょう。また、この機会にじっくりと一緒に片づけることで、片づけ方を基礎から教えてあげるのも良いでしょう。きっと子供にとっても良い経験となるはずです。

 

子供の夏休みの宿題を計画的にこなすことが大切であるように、大人にとっても片づけは計画的に進めることが大切です。どのように時間を使うかだけでなく、何をするかを考えることも大切です。その点で、家の中で過ごす時間を増やすことは片づけに向き合う機会を増やすことに繋がって良いでしょう。

そうして片づけに取り組む親の姿勢は子供にとっても良い刺激になるはずです。勉強も遊ぶことも大切ですが、このチャンスに片づけの習慣が身に付けば、子供にとっても大きな収穫となることでしょう。

(著:芝谷 浩)

芝谷 浩
この記事を書いた専門家:芝谷 浩

「本当に自分に合った片づけ方」を一緒に見つけましょう!

片づけが難しいのは自分が置かれている状況とニーズが把握できていないから。自分をもっと理解して片づければ、毎日がもっと楽に、もっと楽しくなるはずです。
ブログ:New!収納教える.コム

→詳しくはこちら

この記事が気に入ったら今すぐシェア!