お気に入りのモノと暮らすミニマリスト生活!最初の1歩は「洋服の整理」から

辻 悦子

辻 悦子

整理収納アドバイザー、整理収納教育士

「ミニマリスト生活」最初の一歩は家族が使うモノよりも、まずは自分一人で決断出来るモノから始めると良いですね。洋服なら自分一人で要る要らないの決断が出来ますし、自分の好みも良く分かるアイテムです。

洋服を整理して、変化を感じることができると、次のミニマリスト生活計画へも、ステップアップできますよ。

 

スポンサードリンク

 

■1.自分の好きなスタイルを決める

すでにお持ちの洋服はどんなスタイルのモノが多いですか?ナチュラル、清楚系、スタイリッシュ系?

ミニマリストは、本当に必要な洋服の枚数で着回していきます。同じ系統のスタイルの洋服に絞ると着回しができるようになり、必要な洋服がわかりますので、まず自分の好きなスタイルを決めましょう。

例えば、私の場合は無印良品などのシンプルな洋服が好みとわかりましたので、その洋服を基本に考えていきました。

■2.洋服を厳選する

KIMG0333[1]_Fotor出典:http://cataso.jp

洋服の枚数はシーズン毎に具体的に決めておきます。私は夏服のトップスは5枚と決めているのですが、多くても7枚ぐらいを目安にそれ以上は増やさないようにすると良いでしょう。

洋服の枚数を決めたら、よく着る、アクティブに着るモノを中心に選んでいきます。この洋服は良く着ているなという感覚で選んでみても良いと思います。

残したい洋服の候補を選んだら、上下の様々な組み合わせで、実際にコーディネートをしてみます。どの様なコーディネートが可能なのかを確認し、着回しの効く洋服を選んでいきましょう。

日常着以外の冠婚葬祭用の洋服についても、必要なものに絞って用意しておきます。

■3.厳選した洋服を収納する

KIMG0153_Fotor出典:http://cataso.jp

厳選した洋服を収納していきます。収納する場所は1箇所か2箇所に、あらかじめなく設定しておくのがコツです。そうして、タンスやクローゼット、引き出し収納ケースなどに、ゆとりをもたせて収納していきます。

洋服を掛けて収納をする場合は、隣の洋服とくっつかない風通しの良いように、引き出し収納ならばあえて一段だけに収納するのもいいですよ。更に洋服の数を減らせたり、畳み方に工夫が出来たりします。

洋服の枚数が少ないので、衣替えや見直しもラク、家事の時短にもつながります。

■4.定期的に見直して心地よいスタイルへ

季節の変わり目には、見直しも必要です。例えば夏の洋服は汗もかき傷みやすいですね。次の夏にも着られるのか?などで判断して、処分をしたら次の購入計画も考えていきます。

引き出しを見て「きれい!かわいい!見やすい!」と思えるようになれば、出来上がり。心地良いスタイルを見つけていきましょう。

■5.カバンや靴の小物類も合わせて厳選

KIMG0339[1]_Fotor出典:http://cataso.jp

洋服の整理ができたら、カバンや靴も厳選していきましょう。洋服のコーディネートに合わせて、オールシーズン使えると思うモノを選んでいくといいですよ。

靴であれば、サンダル、スニーカー、パンプスといった定番のモノをそれぞれ各一足など、本当に必要なモノを選んでいきます。

 

本来のミニマリストの暮らしは、モノも究極に少なく、少しハードルが高いかもしれません。その考え方を無理の無い形で取り入れて、本当に必要なモノと生活していくのはいかがでしょうか?洋服の場合に一番大切なのは容易に洋服を増やさないことです。一枚購入すれば一枚を処分するような買い物をする、そしてミニマリストのようにモノを使いきりたいと思うことが大切ですね。

(著:辻 悦子)

スポンサードリンク

辻 悦子
この記事を書いた専門家:辻 悦子

親子で一緒にお片付けでおうちに笑顔『hnt-home 』

整理収納アドバイザー・整理収納教育士。子供が進んでお片付け出来るように幼稚園での経験を生かしてお伝えします。

ブログ:hnt-home

→詳しくはこちら

この記事が気に入ったら今すぐシェア!