片付かないのはここが原因?買ったらすぐアクション!「モノを眠らせない」4ステップ

望月 由貴子

望月 由貴子

整理収納アドバイザー2級認定講師、整理収納アドバイザー1級、ルームスタイリスト1級

girl-925470_640

何故か部屋が片付かない、モノが減らないと感じたら、買ったモノをそのままにしてしまう習慣がないか考えてみましょう。

欲しくて買ったモノ、宅配で届いたモノを眠らせていませんか?袋に入ったまま、箱に入ったままではモノを活かすことができないばかりか、片付かない原因になってしまいます。

モノを買ったらすぐにアクション!してみましょう。

 

スポンサードリンク

 

■1.買ったモノは、袋から箱から、すぐに取り出す

買ってきたら、すぐに袋から出しましょう。宅配で届く品物も、箱を開けて取り出します。

「空気を吸わせてあげる」かんじですね。

■2.タグやラベル、納品書などを取り除く

服に付いているタグや、モノに付いているラベルをはずして、使える状態にします。

箱に同梱されている納品書や保証書等は決まった場所におさめます。

■3.見える、使う場所に配置・収納する

clips-515516_640

さあ、モノたちは自由の身になりました!

服やアクセサリーなどは着る場所へ、モノは使う場所に配置します。

ストック品は収納するついでに在庫数を確認しておくと、二度買いを防げます。

電球など、忘れがちなモノは写真を撮っておくと便利です。

■4.一連の作業を、一気に済ませる

家に入ってきたばかりのモノに対して、意識が向いているこの時がチャンス!

一連の作業を一気に済ませることで快適にモノを活かせるようになります。

 

「もったいない」という言葉を耳にしますが、これは、物事の価値が十分に生かされていなくて惜しいという意味です。家にモノが入ってきたら、すぐに生かせるように、使える状態にしておくと、しまい忘れ・使い忘れることを減らせます。さあ、アクション!!

(著:望月由貴子)

スポンサードリンク

望月 由貴子
この記事を書いた専門家:望月 由貴子

自分と家族が【毎日たのしく、心地好く】暮らせるように♪

「自分は、家族は、どう暮らしたいのか」を中心に、家事の効率化も含めて整理収納をご提案。営業事務職で見えてきた職場環境の改善にも取り組んでいます。

ブログ:うきうきスタイル ~毎日たのしく、心地好く~モノの整理から、自分らしさをみつけよう!

→詳しくはこちら