靴のサイズが大きすぎて入らない!下駄箱「靴収納のアイデア」を教えて

澤田 真美子

澤田 真美子

整理収納アドバイザー 防災・減災アドバイザー

converse-1306117_640

賃貸アパートなどに作り付けの下駄箱は、玄関の間取りによって寸法が決められてしまいます。片付けたい靴のサイズによっては、上手く収納できない場合も。

今回は、靴の収納アイデアについてご質問を頂きましたので、ご紹介します。

【質問】

賃貸アパートに住んでいるのですが、下駄箱の奥行きが狭く靴を片付けられません。今は靴を横に向けてなんとか収納しています。下駄箱の中の棚板は固定ではなく、動かす事も可能です。靴のサイズは28cmなのですが、工夫すれば収納できるようになりますか?

【回答】

作り付けの下駄箱は勝手に変えることはできませんから、お困りですね。今ある下駄箱を使いながら、収納できるアイデアをご紹介しますので、参考にしてみて下さい。

 

スポンサードリンク

 

■1.下駄箱の棚板を斜めにして靴収納

棚板の奥側を、1~2段下げて斜めに棚板をセッティングしてみましょう。斜めにすることで奥行が深くなるので、靴が入りやすくなります。

奥ではなく、棚板の手前側を下げてもOKです。その場合は、前にストッパーか、滑り止め的な役割を果たす部材が要るかもしれません。

■2.下駄箱の扉を外して布で目隠し

もうひとつのアイデアは、下駄箱の扉を取り外してしまう、という方法です。

扉を外した下駄箱には、カーテンのような布などで目隠しをすると見栄えも良くなりますよ。カーテンは、つっぱり棒を使えば簡単に取り付け可能です。

clothing-95698_640

100均ショップにも、簡単な「のれん」などが売っています。上手く組み合わせて、下駄箱にあうサイズにすれば便利に使えますよ。

 

玄関がスッキリすると、毎日気持ちよく過ごせます。ぜひ試してみて下さいね。

(著:澤田 真美子)

澤田 真美子
この記事を書いた専門家:澤田 真美子

安心・安全な暮らしのためのおうちづくり

整理収納アドバイザー。防災を意識した、安全で快適な空間をつくるための整理収納方法をお伝えしてします。

 

→詳しくはこちら

この記事が気に入ったら今すぐシェア!