リビングの雰囲気を明るくするには?「鏡・カーテン・照明」がポイント!

芝谷 浩

芝谷 浩

収納スタイルコーディネーター、インテリアコーディネーター、NLD性格アドバイザー

interior-1607551_640

家族が一緒に居る時間が長いリビングルームは、できるだけ居心地のよいインテリアになるよう工夫したいものですね。今回はリビングルームを明るくしたいとお悩みの方からご質問を頂きましたので、ご紹介します。

【質問】

リビングルームを今よりも明るい雰囲気にしたいと考えています。並んでいる家具が同系色のため、雰囲気が暗いのです。

お金をかけたり工事をしたりせずに、リビングルーム全体を明るく見せることはできるでしょうか?

【回答】

お部屋の状況によって様々な方法がありますが、鏡・カーテン・照明の3つのアイデアをご紹介します。

■1.簡単!リビングに鏡を置く

一番簡単にリビングルームを明るくする方法は、壁に鏡を掛けることです。

窓が映り込むように設置すると、窓が増えたような眼の錯覚が起こります。部屋に奥行感が出て、特に昼間は明るい雰囲気になりますよ。

■2.カーテンを変えると雰囲気が変わる

カーテンは、遮光タイプでない軽めのものや、明るいカラーのものに変えてみましょう。レースのカーテンのみにしてみると、重たさが軽減できます。

またカーテンではなく調光ロールスクリーンに変えてみると、リビングルームの雰囲気を大きく変えることが可能です。

■3.照明を有効に活用する

family-room-670270_640

一般的にインテリアというと、家具やファブリックに意識がいきがちですが、一番大事なのは照明です。

見せたい場所はしっかり照らし、見せたくない部分は控えめに照らすようにすると良いでしょう。例えば、見せたい部分に手軽にスタンドライトを置いたり、クリップライトを取り付けてみてはどうでしょうか。

調光調色式のLED天井照明もラインナップが増えてきたので、思い切って替えることを検討されても良いかもしれません。

 

鏡、カーテン、照明でリビングルームを明るくする方法についてご紹介しました。参考にしてみて下さい。

(著:芝谷 浩)

芝谷 浩
この記事を書いた専門家:芝谷 浩

「本当に自分に合った片づけ方」を一緒に見つけましょう!

片づけが難しいのは自分が置かれている状況とニーズが把握できていないから。自分をもっと理解して片づければ、毎日がもっと楽に、もっと楽しくなるはずです。
ブログ:New!収納教える.コム

→詳しくはこちら

この記事が気に入ったら今すぐシェア!