部屋がスッキリしない原因?「収納できない出たままのモノ」を減らす4つの解決策

井上 知恵子

井上 知恵子

整理収納アドバイザー

books-1605416_640

「モノが収まらずに出たままになっているのが嫌です。どうしたらいいですか?」 というご質問を頂きました。部屋をすっきり片付けたいのに、上手く収納できない、モノが出しっぱなしになってしまうという収納の悩みをよく伺います。

モノが出たままになってしまう原因から、解決策を考えてみましょう。

 

スポンサードリンク

 

■原因1:使う場所の近くに収納場所がない

使う場所の近くに収納場所がない場合は、収納場所を作ることを考えます。どうしても、その場所がいい、その場所でなければ難しい、という理由があると思います。可能であれば、棚を設置するなども検討しましょう。

■原因2:収納場所はあるけどパンパン

収納する場所がある場合、そのスペースには何が入っているでしょう? 実はそこに収納していなくてもいいモノで陣取られていませんか? これは本当に良くあるケースです。全て出して整理する事で収納スペースが生まれる可能性大! 住所が間違っていたモノ達は別のスペースへ引っ越してもらいましょう。

■原因3:戻すのが面倒

girl-1245773_640

戻すのが面倒な場合は、収納方法が間違っているかもしれませんし、パンパンだから片付けにくい、という事も。必ず戻せるような収納方法に切り替えてみる事を考えてみましょう。 実は、案外パズルのように組まれた「収納グッズそのもの」が原因になっている事も多いものです。

■原因4:結局出したままの方が使い勝手がいい

出したまま方がいい場合は、出していてもストレスの無いような状況に整えるだけで構いません。インテリアに馴染むカゴに放り込むだけにしたり、出しっ放しでもお洒落に見えるモノに変更する、という方法もあります。 普段は出しっ放しでも来客時や片付けたい時だけ隠せるように隠し場所を空けておくのもアリなのです。

 

お片付けは、部屋の大きさや間取り、収納スペースなど制限された中でのひと工夫です。 全てを叶える事は難しいので あれもこれも、と欲張らず、まず出来る部分からやってみてください

(著:井上 知恵子)

スポンサードリンク

井上 知恵子
この記事を書いた専門家:井上 知恵子

『ラクで楽しい暮らしづくり=RAKURASHI』

整理収納アドバイザー。3人育児でも出来る!快適でラクな暮らし=RAKURASHIを提案しています。
ブログ:RAKURASHI〜整理収納で日々の暮らしをラクに楽しく!〜

→詳しくはこちら