頂き物は手放しにくい!モノじゃない「もらって嬉しいプレゼント」とは?

長野 ゆか

長野 ゆか

整理収納アドバイザー、整理収納コンサルタント

46b1d2d615435e53d9b12536661de2b2_s

片づけよう!とスタートした時の高いハードルに「なかなか手放せないモノ」というのがあります。中でも「人からもらったモノ」というのは強敵。好きじゃないけど、人から頂いたから捨てられない、いわゆる「しがらみ」によって手放せなくなってしまうモノです。

こうしたモノを、どうやって片づけるかというノウハウも多数ありますが、今回はそもそも、こうしたモノを今後増やさないため、プレゼントに「形の残らないモノ」はいかがでしょうか?、というご提案をしたいと思います。また実際どういったものがあるか、よくご質問をお受けしますので、順にご紹介いたします。

 

スポンサードリンク

 

■形には残らないけれど「もらって嬉しいプレゼント」

形に残らないプレゼントやお土産の代表と言えば「食べ物」ですが、両親の結婚記念日に旅行をプレゼントしたという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

本来プレゼントは気持ちが1番大事。自分のことを思って時間をかけてプレゼントを選んでくれた。本当はそれだけで十分なはずなんです。だけど、あげる側になると、せっかくだったら喜んでもらいたい。それは、箱に入る形あるモノ、そして決して高価なモノではなくても良いのです。毎日の生活がより良くなるモノ、リラックス効果のあるモノ、共有する楽しい時間、ステキな思い出、そのときしか得られない、お金では買えないこうしたモノも、素敵なプレゼントです。

私が実際にお聞きしたプレゼントには、母親に「毎日の生活を楽しんでもらいたい」とプロのお掃除やお片づけサービス、カラー診断などを毎年贈っているお話や、父親に、マッサージ屋さんや近所のお風呂屋さんの回数券を渡したら、これまでの高いプレゼントよりも、1番喜ばれたというお話もありました。 

■形に残らないプレゼントを選ぶ時のちょっとしたコツ

gym-room-1180062_640

相手の方が「してみたい、欲しい、興味がある。だけど、自分で普段購入するには、ちょっと高価で手が出しにくい」そう感じているラインをプレゼントできれば、とても喜んでいただけます。

女性にはエステやランチのチケット、男性にはスポーツクラブの体験、スキルアップ勉強会への参加チケットなども良いですよ。

■子どもが喜ぶ!体験型プレゼント

また子どもの誕生日も、何も必ずおもちゃを買い与える必要はありません。例えば遊園地やキッザニア、ミュージカル、乗馬体験…といったすこしリッチな体験型に変えてみるのも良いでしょう。思春期のお子さんには、ファーストフードの利用券もありです。また、好きなアーティストのコンサートチケットには、満面の笑みが見えそうです。

ちなみに、お孫さんへのプレゼントに毎年写真館での記念写真の撮影チケットを渡している、というおじいちゃんおばあちゃんもいらっしゃいました。毎年の成長の記念をプレゼント、というのも素敵ですね。

■お祝いのお食事に!少しリッチなシェフ出張サービス

restaurant-1284351_640

最近私が気になって利用したのは、お届けリストランテ。プロのシェフが出張で自宅まできてくださり、ステキなお料理をふるまってくれるというサービスです。少し落ち着いたお店に外食にいくには、子どもが小さくて難しい。おじいちゃんおばあちゃんが外出が難しい。そんなご家族にもぴったりです。

また、美味しいプロの料理がいただけるだけでなく、お料理しなくてよくて、さらに後片付けまでしてくれるというのは、主婦にとってはこの上なく嬉しいプレゼントですね。

■ミニマリスト傾向のある方へのプレゼントにも人気

もし、ミニマリスト傾向のあるご家族やご友人にプレゼントをするなら、こうしたサービスのプレゼントは特にお勧めです。また今は「体験型カタログギフト」というモノもあります。プレゼント=モノではないことが、人気になりつつあることを実感します。

サプライズプレゼントとしてもおすすめですし、「何が欲しい?」「うーん、特にないなぁ」なんて言われ、困った時にも。ぜひ、プレゼントの1つとして、検討してみてくださいね。

(著:長野 ゆか)

長野 ゆか
この記事を書いた専門家:長野 ゆか

アイデア・おしゃれ収納ではない「本当の片づけ」を伝える

整理収納アドバイザー。3児の母。元片づけ苦手経験を持ち、現在は講師。ストレスの軽減、「誰でも・すぐできる」情報をご提供。
ブログ:オフィスミカサ公式ブログ | おかたづけとweb・メールのサポートをする奈良の会社

→詳しくはこちら

この記事が気に入ったら今すぐシェア!