仕切ると使いやすい!収納力たっぷりで人気「トートバッグ」の100均アイテム仕切り収納術

大杉 悦子

大杉 悦子

整理収納アドバイザー、収納ダンドリスト

トートバッグ

トートバッグは、荷物をたっぷり入れることができるので人気のバッグです。ただそのままモノを入れてしまうと、お出かけ先で必要なモノがさっと取り出すことができずに困った…ということも。
今回は、トートバッグの中を身近な100均アイテムで仕切って使いやすくする収納方法をご紹介します。

 

スポンサードリンク

 

■仕切り収納をすると、ワンアクションで取り出せる

出かける時に必要なモノは、行先や目的によって変わると思います。
ここでは、学校行事用のお出かけに必要なモノで考えてみました。例えば、スリッパ、筆記用具、ティッシュペーパー、ウェットティッシュ、財布などを収納したい場合、単独で収納するサイズが大きめのもの、細かいものと分けて考えていきます。

■100均アイテムのブックスタンドやボックスで仕切る

03

トートバッグを100均のプラスティック製のブックスタンドと小ぶりの仕切り付きボックスで仕切ります。プラスティック製なので、軽いですし、物を入れると固定されます。

■大きなモノは仕切りに合わせて、細かなモノは立てて収納

02

大きめサイズのスリッパや筆箱、財布、ウェットティッシュなどは、ブックスタンドの仕切りに合わせて収納し、細かなもの、筆記用具やハンカチ、ネームペン、小さなゴミ袋などは、仕切り付きボックスに立てて収納していきます。
引き出しを仕切る要領で、バッグの中を仕切っていくイメージです。
トートバッグを広げたとき、上から見てパッと持ち物がわかりやすいので、取り出しやすく便利です。忘れ物も防げますよ。

 

あれもこれも入れたくなるトートバッグですが、中をちょっと仕切るだけで、便利にもっと使いやすくなりますよ。

スポンサードリンク

大杉 悦子
この記事を書いた専門家:大杉 悦子

”収納ダンドリスト”が提案する住まいのトータルサポート

住まいの仕事をする中で多くの収納悩み人に遭遇!”整理収納アドバイザー”として、あなたの一歩を踏み出すお手伝いをします。
ブログ:花便り

→詳しくはこちら

この記事が気に入ったら今すぐシェア!