部屋に物が多すぎ、でも捨てられない!無理やり捨てずに物を減らす方法

澤田 真美子

澤田 真美子

整理収納アドバイザー 防災・減災アドバイザー

girl-lying-on-the-grass-1741487_640

たくさんある物の量に合わせて、引っ越しする・・なんてことは避けたいもの。一人暮らしで、たくさんの物をお持ちの方からご相談を頂きましたのでご紹介します。

【質問】

一人暮らしにしては、部屋に物がありすぎて困っています。しかし、年に数回しか使わない物でも、簡単に捨てられません。片付けはしていますが、物が多いせいで部屋が狭く感じます。

すっきり片付いた広い空間のある部屋にするには、どうすればよいでしょうか。

【回答】

たくさんありすぎる物を減らすには、まずは「区別する」ことからスタートしてみてはいかがでしょうか?

■「使っているか、使っていないか」で考えてみる

物を区別する際には、「必要か、必要でないか」で考えずに、「使っているか、使っていないか」で考えてみましょう。

「使っている」と区別した物は、使用頻度別に収納するのがオススメです。例えば、よく使う物はスグに取り出せる場所へ、それほど使っていない物は奥の方へ。使用頻度によって各々収納場所を決めておけば、取り出しも収納もしやすくなります。

■1年後に再度チェックする

1年ほど使っていない物は、処分を検討しましょう。なかなか処分できない物は、無理に処分しなくても大丈夫です。とりあえず、まとめて箱などに入れておきます。

ポイントは、この箱に「1年後の日付」を書いておくことです。1年後にもう一度、物を使っているかどうかをチェックしてみましょう。

 

無理やり捨てる必要はありません。もしかしたら、1年後には躊躇なく処分できるかもしれませんよ。まずは「区別すること」から始めて、物を減らしていってみて下さい。
(著:澤田 真美子)

澤田 真美子
この記事を書いた専門家:澤田 真美子

安心・安全な暮らしのためのおうちづくり

整理収納アドバイザー。防災を意識した、安全で快適な空間をつくるための整理収納方法をお伝えしてします。

 

→詳しくはこちら

この記事が気に入ったら今すぐシェア!