かさばる布団を押入れにすっきり収納!便利な「布団圧縮袋」選び方のコツ

芝谷 浩

芝谷 浩

収納スタイルコーディネーター、インテリアコーディネーター、NLD性格アドバイザー

bedroom-374977_640

冬用の厚みのある布団や来客用の布団はどの様に収納されていますか?押入れなどの収納スペースは限られています。今回は、布団をコンパクトにすっきり収納したいというご質問をいただきましたので、ご紹介します。

【質問】

布団の収納について教えて下さい。冬の掛け布団は厚みがあり、プラスチックの衣装ケースに入れようとしても上手く入りません。どうすれば、コンパクトにすっきりと収納できるでしょうか。

これまで、100均の布団収納袋を使用して保管していました。しかし場所をとり見た目もよくないので、良い収納方法を探しています。

【回答】

おっしゃる通り、冬用の掛け布団はかさばり膨らみもあるため、片付けにくいですね。

■布団圧縮袋を使って省スペース収納

我が家では、布団圧縮袋を使用して冬布団を収納しています。圧縮すればコンパクトになり、場所をとりません。また防虫・防湿の効果も期待できるので便利です。

■いろいろなタイプの圧縮袋がある!

今まで、掃除機を使用するタイプの布団圧縮袋を使ったものの、上手く空気がぬけなかった経験はないでしょうか。また失敗してしまうかも、と心配されているなら、手で空気を押し出すタイプを検討してみてもいいかもしれません。衣類圧縮袋のような要領で使うことができます。

■ボックス付きタイプも便利

ただ、冬の掛布団のようにかさばるものは、手で空気を押し出すタイプは作業が大変になる場合があります。ボックス付きタイプであれば、膨らむ心配がないので、気軽に使用して頂けるのではないかと思います。

 

布団圧縮袋を使ってコンパクトに収納する方法についてご紹介しました。参考にしてみて下さい。

(著:芝谷 浩)

芝谷 浩
この記事を書いた専門家:芝谷 浩

「本当に自分に合った片づけ方」を一緒に見つけましょう!

片づけが難しいのは自分が置かれている状況とニーズが把握できていないから。自分をもっと理解して片づければ、毎日がもっと楽に、もっと楽しくなるはずです。
ブログ:New!収納教える.コム

→詳しくはこちら

この記事が気に入ったら今すぐシェア!