年末までにお家をスッキリ片付け!今から始める大掃除の段取りポイント3つ

大杉 悦子

大杉 悦子

整理収納アドバイザー、収納ダンドリスト

bathroom-1228427_640

年末に近づくと、何かと忙しくまとめて大掃除をするのは大変です。今から段取りよく少しずつ始めておきましょう。

年末までに家の中をすっきりキレイに片付ける、段取りポイントをご紹介します。

 

スポンサードリンク

 

■1. 大掃除する箇所のチェックリストを作る

年末までに大掃除したい場所を書き出して、大掃除をする箇所リストを作ります。その際に掃除が必要なポイントが何箇所あるかも入れておきましょう。

家事の合間に進められるように、ポイント1箇所につき5分〜10分を目安に考えていくと良いですね。例えば、掃除しておきたい場所として、トイレ・洗面所・浴室・キッチン・窓廻り、リビング・玄関と書き出します。

更に、トイレの掃除箇所を

1.分けて捨てる、窓廻りや上の部分を拭く

2.床や壁の汚れを拭く

3.便器の掃除

とすると、3コマ必要とわかります。他の場所も同じ様にしていきます。

1日5分〜10分✕1コマでもいいので進めていく、休みの日には複数進めていくのも可など、ご自身のライフスタイルに合わせて、日常のスケジュールに入れていきます。

このリストを作っておくと、家族での分担もしやすいです。家族のスケジュールにも入れておいてもらっても。リビングなど家族みんなで使う場所は、休みの日に家族で一緒に一気に進めるのも良いですね。

■2. 必要な掃除用グッズをまとめておく

sub出典:http://cataso.jp

チェックリストを作ったら、次に片付けや掃除に必要な道具を準備し、まとめて収納しておきます。例えば、雑巾(古いタオルをカット、100均でも可)やゴミ袋、歯ブラシ、綿棒、ゴム手袋、スポンジ、洗剤、ガラスクリーナーなど。

100均ケースなどを利用して、片付け&掃除BOXを作っておくと便利です。

■3. 掃除のついでに不用品を捨てる、片付けも一緒に

更に掃除のついでに、片付けも一緒にしていくと気持ちが良いですよ。

掃除をする箇所に、使っていないモノがあれば捨てる、出したままになっているモノがあれば収納場所に収める、これだけでもOKです。年末は捨て時ですよ。

 

中々時間がとれなくても1日5分なら何とかできるはず、洗面所に入る時に雑巾を持って行って一緒に拭いてしまうというながら洗面等、使用の前後にちょこちょこやってしまうのも意外とオススメですよ。

(著:大杉 悦子)

スポンサードリンク

大杉 悦子
この記事を書いた専門家:大杉 悦子

”収納ダンドリスト”が提案する住まいのトータルサポート

住まいの仕事をする中で多くの収納悩み人に遭遇!”整理収納アドバイザー”として、あなたの一歩を踏み出すお手伝いをします。
ブログ:花便り

→詳しくはこちら