100均カゴやボックスですっきり管理!家族も使いやすい「日用品やストック品の収納」

辻 悦子

辻 悦子

整理収納アドバイザー、整理収納教育士

SONY DSC出典:http://cataso.jp

日用品やストック品は、どこに収納しておくのが良いかわからず、あちらこちらに収納してしまっていませんか?

今回は、家族も使いやすい「日用品やストック収納」の例をご紹介します。

スポンサードリンク

■家族で使う日用品やストック品は、クローゼットで一箇所収納

我が家では、家族みんなで使う日用品やストック品は、クローゼットにまとめています。ここには、家族がよく使う日用品、例えば、薬や掃除用品、遠足に使うゴザや雨具の他、トイレットロールやテッシュなどのストック品をまとめています。

集めることで、ストック品の在庫数もわかりやすくなり、管理しやすい収納になりました。

■収納用品は白に統一!100均カゴやボックスで

sub1出典:http://cataso.jp

収納したい日用品やストック品を集めたら、目的ごとに分けて、それぞれボックスやカゴに収納していきます。この時、使う収納用品は、色は白に統一、100均カゴの他、収納用品が充実しているニトリ、無印良品、イケアなども使用しています。

どのメーカーにも白の収納用品があるので、揃えやすいです。私は小さい物は100均のカゴ、大きな物はニトリのカゴと使い分けています。ファイルボックスは無印良品です。

■目的別、アイテム別に収納。細かいモノは仕切りも

遠足に必要なカッパなどの雨具、掃除用品、ワイパーのシートや粘着シート。トイレも近くにあるので衛生用品のストックなどは、アイテムごとにカゴに入れて収納しています。

又、子供が遠足や校外学習に使うゴザは、自分で用意できるよう、ケースなどに入れてそのまま鞄に入れて持っていける様に工夫しています。

SONY DSC出典:http://cataso.jp

薬など細かいものが多い場合は、カゴやボックスの中を仕切りながら収納すると、取り出しやすくきれいに収まります。100均や無印良品などで、プラスチックの仕切りがある収納用品を使うのも良いです。

ただ、仕切り過ぎると、サイズが合わないものの収納に困りますので、よく使うものだけを仕切っています。

■使用頻度別に上段、中段、下段を使い分ける

SONY DSC出典:http://cataso.jp

一番使いやすい棚には、家族がよく使うモノを置いています。重い書類や本などのファイルボックスは下段に。又、使用頻度が少なく軽い、季節の飾り物などは籐のかごに入れ、上段に収納しています。

もう半分のクローゼットは棚を大きく仕切り、掃除機、古新聞、アイロン、アイロン台、掃除用品やスプレーを収納しています。トイレ用品はトイレの扉上の棚が高すぎるのでトイレにはストックを置いていません。

■ラベリングは必須!家族にわかりやすい工夫を

必ずラベリングしてください。小さなお子さんがいらっしゃるなら絵でラベリングされると分かりやすいですね。そして、どこに何が収納されているのか、家族に一度説明することをおすすめします。

お母さんだけが知っていることのないようにしておくと、家族それぞれで、モノを出し入れすることができますよ。

 

家族みんなの日用品やストックの収納。クローゼットで一箇所に収納すると、家族が探し回ることが減り、管理もしやすいです。扉を開けてもきれい!そんな収納を目指してみませんか?

(著:辻 悦子)

辻 悦子
この記事を書いた専門家:辻 悦子

親子で一緒にお片付けでおうちに笑顔『hnt-home 』

整理収納アドバイザー・整理収納教育士。子供が進んでお片付け出来るように幼稚園での経験を生かしてお伝えします。

ブログ:hnt-home

→詳しくはこちら

この記事が気に入ったら今すぐシェア!