マフラーやストールはどう収納する?外出前のドタバタを解消!簡単アイデア3つ

澤田 真美子

澤田 真美子

整理収納アドバイザー 防災・減災アドバイザー

d422357449db7e6259e13e512fa64413_s

気温がぐっと下がり寒い冬の季節がやってくると、必要になるのが防寒具のマフラーやストール。外出前に、マフラーやストールどこに置いたっけ?と外出前に慌てないようにしたいですね。

マフラーやストールの簡単な収納方法を3つご紹介いたします。

 

スポンサードリンク

 

■突っ張り棒を使って

クローゼットや、部屋のデッドスペースに突っ張り棒をつっぱり、そこにマフラーやストールを引っかけて収納します。直接広げてかけてもよいですし、S字フックなどを利用してもよいですね。デザインが一目でわかるようなかけ方をしておくと迷いません。

■フック+ワイヤーラックで

100円ショップなどでも購入できるワイヤーラック。収納したい場所のサイズをはかり、その場所にあったサイズのワイヤーラックとフックを用意します。フックもサイズによっては3~5個くらいで1セットにして販売されています。

まず、フックを取り付け、そこにワイヤーラックをかけたら出来上がり。マフラーやストールを引っかけて収納することができます。この方法も、マフラーやストールがすぐに取り出せ、しまうのも楽ちんなので便利です。

■カゴバックにまるめてポン!

夏に大活躍するカゴバックを収納グッズとして使います。マフラーやストールを軽く丸めたら、カゴバックにポンポン入れておくだけの収納方法。

雑貨屋さんなどのマフラーもカゴにざっくり入って展示されていることがありますよね。この方法を使えば、オフシーズンの夏のカゴバックの収納に煩わされる心配もありません。

ただ、カゴバックの素材によっては、マフラーやストールが引っ掛かってしまう可能性があります。デリケート素材のマフラーやスト―ルの場合は、この方法は不向きですのでご注意ください。

 

オンシーズン中のストールやマフラーの簡単で使いやすい収納方法をご紹介しました。
毎日使うモノなので、取り出しやすくしまいやすいシステムを作っておくのがおススメ。外出前の忙しい時も、その日に身につけていきたいストールやマフラーをすぐに選べて、元に戻すのもカンタン。部屋も散らからず、時間を有効に使う事ができます。おためしください。

(著:澤田 真美子)

澤田 真美子
この記事を書いた専門家:澤田 真美子

安心・安全な暮らしのためのおうちづくり

整理収納アドバイザー。防災を意識した、安全で快適な空間をつくるための整理収納方法をお伝えしてします。

 

→詳しくはこちら

この記事が気に入ったら今すぐシェア!