「押入れ収納」は収納を考える前に暮らし方を考える事が大切です

井上 知恵子

井上 知恵子

整理収納アドバイザー

 

88ee882701dba82c4058837f494bffe1_s

押入れをうまく使えない。 大容量の空間であるがゆえに 何を使ってどう収納したらいいのか? と悩まれる方も多いですよね。 さて、そんな難易度の高い 押入れ収納を活かす為に始めにやるべき事は何かを紹介します。

 

スポンサードリンク

 

■押入のある和室をどう使いたいのか、暮らし方を考える

まず初めに・・ 和室をどう使っているのか? どう使いたいのか? そこに出し入れが頻繁なモノを入れても 暮らしに差し支えないのか? という事を家族みんなでシッカリ考えます。

例えば、押入のある和室が寝室なら、家族が寝ている時間に出し入れしなければならないモノを入れてしまうと気を使いますし、 または開閉出来なくて困りますね。そうすると、この押入は「あまり開閉しなくて済むものを収納するスペース」と考える方がいいという結論になります。

■暮らし方を考えると、押入に何を収納すべきかが見えてくる

暮らし方を考えることができたら、「この押入に何を収納すると良いか?」の判断がしやすくなります。押入に収納したいモノ、収納すべきモノが見えてきたら、更にその中で、使用頻度の高いモノなのか、低いモノなのかを考えて、収納していきます。

例えば、

20150724-183708

実例1
・家族全員の衣類
・布団やカバーなどの寝具類
・季節家電やその他の保管品

IMG_3911

実例2

・趣味用品や書類などの小物
・オモチャなど子どものモノ

このように、間取りが同じ家であっても、暮らし方によって収納するモノは変わります。押入に限らず、収納を考えるときには、家族の暮らし方、行動パターンを初めに考えておくことが大切です。

井上 知恵子
この記事を書いた専門家:井上 知恵子

『ラクで楽しい暮らしづくり=RAKURASHI』

整理収納アドバイザー。3人育児でも出来る!快適でラクな暮らし=RAKURASHIを提案しています。
ブログ:RAKURASHI〜整理収納で日々の暮らしをラクに楽しく!〜

→詳しくはこちら

この記事が気に入ったら今すぐシェア!