片付けの視点で考えると「福袋」は本当にお得?!購入前に知っておきたい4つのこと

田辺 直巳

田辺 直巳

整理収納アドバイザー

2f595c547cbfd4da8479813c26a87576_s

いよいよ12月。年末年始になると気になるのが福袋という方もいらっしゃるかもしれませんね。 正規のお値段よりもたくさんのモノが入っていてお得!というイメージのある福袋ですが、本当にお得なのでしょうか?

お片付けの視点から、福袋について考えてみたいと思います。

■1.福袋は本当にお得なの?

一般的に福袋は「20.000円相当の商品が5.000円!」というように、定価で購入するよりも安く商品を手に入れられるのが魅力です。

しかし、商品の中身をよく見てみると、福袋専用に作られた値段相当の商品や人気がなく売れ残ってしまった商品が入っていたり、「○○が必ず入っています!他は何が入っているのか開けてからのお楽しみ!」というように、目玉商品と在庫品の抱き合わせだったりする場合もあります。

どちらにしても必ず言えることは、「開けてみないとわからない福袋は、自分の必要としていないモノや好みではないモノまで手に入れてしまう可能性が高い」ということです。 福袋の金額だけを見て「お得!」と飛びついても実際に使うものが少なければ、結果的には「いらないモノを購入してしまった」ことと同じことになってしまいます。

■2.「しまっておくだけならタダ」は間違い?

福袋の中に入っていた、好みではない色やデザインの洋服は「いつか着るかも」とそのまましまわれて、結局流行遅れでタンスの肥やしに、又必要のない雑貨類は棚や押し入れにしまいこまれて死蔵品になりがちです。

この時、「しまっておくだけならタダ!」と見過ごしがちですが、このしまいこまれた死蔵品を置いている場所が、スペースの無駄使いになってしまっているのです。スペースには、家賃や家のローンや税金といったお金がかかっているのです。

使わないモノをとっておくことで、家の中の生活空間が圧迫されたり、「収納が足りないから!」と更に収納用品にお金をかけてしまう可能性もありますね。不要なモノを手に入れることはお金とスペースの無駄使いなのです。

■3.モノを手放すには、手間とお金がかかる

福袋

では、福袋に「使わないモノ」が入っていたら、すぐ手放そうと考えます。

方法としては、ネットオークションやリサイクルショップに出す、仕方なくゴミとして処分するなどがあると思いますが、実はこれらの方法にも手間とお金がかかります。取引をする為の時間や店まで持ち込むにも手間がかかりますし、今はゴミによっては有料のものもありますね。

モノを手放すには手間とお金がかかることを忘れないようにしましょう。

■4.「お得感を味わう」ことが目的になっているかも

そもそも、何が入っているのかよくわからないモノを購入してしまうなんて不思議ですね。それでも毎年福袋商戦が盛り上がるのはいくつかの理由があります。

一つは「お正月のイベント化」していること。 お正月のイベントとして福袋を購入するのが恒例行事となっている方もいるようです。もう一つは「実は買い物を通してお得感を味わうことが本当の目的になっている」こと。 福袋の中身を購入しているつもりで実は「2万円の価値のモノを5千円で購入できるというお得感」を購入しているのです。

バーゲンでセール品をたくさん購入したものの、家に帰ってきたらその商品に途端に興味がなくなってしまったことはありませんか? これは「その商品が欲しい」のではなく「お得感を味わう」ことが目的になってしまっているのです。 人は、「お得感」に弱いもの。この「お得感を購入したい」という深層心理に気づかずバーゲンや福袋で自分が必要としていないモノまで購入してしまう人が実は多いのです。

 

福袋を購入する時は「年に一度の運試し!」とイベントとして楽しんだり、お友達とのシェアを前提としたり、中身が全て開示されている福袋を中身をよく吟味して購入するなど自分なりの楽しみ方を見つけて購入できるといいですね。  

(著:田辺 直巳)

田辺 直巳
この記事を書いた専門家:田辺 直巳

トランク一つで旅に出たくなるような軽やかなライフスタイル

現役転勤族の経験で学んだモノに囚われない軽やかな暮らし方。たくさん抱え込んだ重い荷物を降ろしてトランク一つで旅に出たくなるような軽やかなライフスタイルを目指してみませんか?

ブログ:Simple&Clean お片付けレッスン Fujinao 現役転勤族が教える身軽なライフスタイル【千葉 整理収納アドバイザー】

 

→詳しくはこちら

この記事が気に入ったら今すぐシェア!