幼稚園・保育園の子供たちの身支度収納〜自立心を養うおうちでの工夫

辻 悦子

辻 悦子

整理収納アドバイザー、整理収納教育士

SONY DSC

幼稚園に登園してきた子供さんが制服を裏表に着ていることがあります。自分で頑張って身支度した証拠ですね。お母さんも子供に任せているのがよくわかります。

でも、朝は忙しいのでお母さんがお子さんの登園準備をしてしまうご家庭も多いかもしれないですね。園内で制服を汚すと自分でお着換えをしますが、自分であまり着替えをしたことがないのかなと感じる子供さんもいます。

 

スポンサードリンク

 

入園時までに子供さんに合わせた身支度収納

親目線のきれいな収納ではなく、今、子供さんが出来る事に合わせた身支度収納です。

例えばハンガーに制服を掛けることができない子供さんには浅いカゴを用意して入れるだけ、靴下など園に身に着けていくものは幼稚園のカバンと同じ場所に置くようにするという簡単な収納からはじめます。
子供が見やすくて楽しく選べるように好きなキャラクターが見える畳み方をしてあげたりすると、自分で用意をしようと意欲がわくかもしれません。

もちろん褒めてあげる事も大切です

幼稚園ではお帰りの用意も自分でします。持ってきたタオルも自分で畳んでカバンにしまいます。
朝の用意も自分で用意できるように少しずつ練習しておくといいですね。
「はい、お弁当」と子供さんに渡すと、子供さんが自分でカバンに入れられるようにすることが理想です。

自分で出来ることを少しずつ増やしていく

でも年少さんと年長さんでは出来ることが違います。
子供の成長に合わせて無理なく出来ることを増やしていくと、自立心も少しずつ養っていけます。

雑誌に載っているようなきれいな収納でなくても、いつか子供さんが無理なくきれいな収納が出来るように、お母さんが優しく見守ってあげてくださいね。

 

辻 悦子
この記事を書いた専門家:辻 悦子

親子で一緒にお片付けでおうちに笑顔『hnt-home 』

整理収納アドバイザー・整理収納教育士。子供が進んでお片付け出来るように幼稚園での経験を生かしてお伝えします。

ブログ:hnt-home

→詳しくはこちら

この記事が気に入ったら今すぐシェア!