物を減らすと「本当に使いたい物」が見えてくる!家の収納を見直してみませんか?

大杉 悦子

大杉 悦子

整理収納アドバイザー、収納ダンドリスト

af26144f287f14ad4ffa1af3a62e6c99_s

整理収納では「物を分けて減らす」という地道な作業を進めることが必要になりますが、では「物を分けて減らす」と何が待っているのでしょうか。

 

スポンサードリンク

 

■物を減らせば必要な物が見えてくる

 物が多いままでは、私たちは“使うものがみつからない”というストレスに振り回され続けなくてはならないのですが、物が減ると、少なくなった物たちが「私はここにいるよ」「私を使って」と、教えてくれます。だから整理の第一歩はまず減らすところから始めるのが大切なんですね。

■物を減らすには、なぜその物を持っているのかを考える

物の整理をするとき、処分するか残すか判断に迷うことも多いかもしれません。本当に自分に必要な物なのか、そもそも使っているのか、もしかしたら自分自身の満足や、誰かに誇示するために持ち続けているのではないか、その結果、物に自分の生活を侵食されて物に押しつぶされそうになっているのでは?と問いかけ、物と向き合ってみるのはいかがでしょうか。

■押入れの書類を見直してみる

実際に押入れに収納している書類の見直しを例に考えてみます。

押入れ (2)_Fotor

 

まず、保管しておくべき書類かそうでないかを判断し、不要な書類を処分していきます。
すぐに、必要とわかる書類や保管期限まで持っておく書類は判断しやすいのですが、迷うものも多くあります。迷った場合は、私がいなくなったらこれらの書類はただのガラクタと化す、とひたすら処分していきます。

保管する書類を選んだら、次に収納していきます。
 今回は押入れに収納していくのですが、押入れの良さは奥行きがあること、このスペースを手前と奥に分けて有効に使っていきます。私の場合は、保管必要があるけれど現在使用していない書類は奥へ保存、手前は講座や、顧客資料(アイウエオ順に並べる)を入れます。

IMG_7046_Fotor

さらに一緒に使用する文房具類もここに収納しました。取り出しやすいよう、グループで分けてラベリングしておきました。
 

■定期的に物を見直す機会を持とう

物と仲良く付き合ってシンプルに暮らす、そのために物を減らす。今ある物が本当に必要なのかを見直す機会を持つことが大切です。処分の対象かどうか、基本は使っているかどうかで判断し、分けていきます。すぐに捨てられない場合は時間をおいて様子を見るといいでしょう。

整理の作業をするといつも気づくのは、捨てないと家の中は片付かないという当たり前のことです。整理収納をすると、物を探さなくて済むという解放感と至福の感覚に出会えますよ。
出発の時期である春だからこそもう一度見直してみませんか。

(著:大杉 悦子)

スポンサードリンク

大杉 悦子
この記事を書いた専門家:大杉 悦子

”収納ダンドリスト”が提案する住まいのトータルサポート

住まいの仕事をする中で多くの収納悩み人に遭遇!”整理収納アドバイザー”として、あなたの一歩を踏み出すお手伝いをします。
ブログ:花便り

→詳しくはこちら

この記事が気に入ったら今すぐシェア!