突っ張り棒で下駄箱の収納スペースを2倍に!あふれた靴を「スッキリ」させる方法

岡田 周子

岡田 周子

整理収納コンサルタント、整理収納アドバイザー

  getabako_11

 
すっきりさせたい玄関周りですが、靴であふれかえっていてお困りのご家庭も多いですね。下駄箱の収納量が不足していることも一つの原因かもしれません。
下駄箱にはまだ隠れた空間があります。その空間を上手く使って、収納量を2倍に増やすアイデアをご紹介します。

 

スポンサードリンク

 

下駄箱の隠れた空間を「突っ張り棒」で収納スペースに

下駄箱はきちんと収納していても、靴を置いている上部に隠れた空間が残っていますね。
このもったいないデッドスペースを、「突っ張り棒」を上手に利用すると、下駄箱の収納量はぐっと増えますよ。

かかとのある靴なら「突っ張り棒」1本で、1足のスペースが半分に

突っ張り棒 ヒール靴

幅の狭い下駄箱は、靴屋さんでよく見かける「縦並び」を活かしてみましょう。
靴の片方を突っ張り棒にひっかけ、もう片方はその下にできる空間を利用し、前後に置いていきます。1足のスペースが半分になるので、2倍の靴が収納できますね。
かかとを手前にして収納すると、取り出しやすくなりますよ。

突っ張り棒」を2本、前後に使って手前と奥で2倍スペース。
奥にはシーズン以外の靴を並べて!

突っ張り棒 靴収納

2本の突っ張り棒を前後に取り付けて奥行空間を作りましょう。
ここに、ヒールのある靴を引っ掛けながら収納していきます。手前には春物の靴。奥には夏物の靴など季節で分けていきましょう。収納量が増えるだけでなく、靴も「美しく」見え、選びやすくなりますよ。

子供の小さい靴は、突っ張り棒2本を使って2倍収納に!

子供の靴は小さく軽いので、突っ張り棒2本を使って、1段のスペースを2段にして靴を上下に並べる「2段収納」がオススメです。
突っ張り棒2本を、少し手前を斜めに突っ張り、その上に台になるものを置きます。台はプラスティックの「板」や小さめの「すのこ」「段ボール」をカットしたものなど、子供の靴の長さに合わせて調整して下さいね。靴が滑るようなら滑り止めのシートを乗せると滑らなくなりますよ。
靴がよく見えるようになり、子どもが自分で靴が選べるようになりますよ。

靴以外の玄関周りのモノも「突っ張り棒」でスッキリ収納

傘や玄関周りのモノも、突っ張り棒を渡して空間を有効利用しましょう。
高さのある空間であれば、長傘をかけることができますし、プラスS字フックを使うと、折り畳み傘や靴べらも吊るすことができますよ。この時、S字フックがぐらぐらするようでしたらサイズに合わせて締めてみて下さいね。このひと手間でストレスなく使うことができます。
又、突っ張り棒にひも付き洗濯バサミを通し、ブーツをはさんで吊るすと、下にスペースができて更に収納量が増えますよ。

 

いかがでしたか?突っ張り棒は時間や手間がかからず、手軽に使えるので、できるところから、収納スペースを増やしてみてはいかがでしょうか?尚、突っ張り棒を選ぶ時には乗せるモノの重量を確認して下さいね。
住まいの顔と言われる玄関をスッキリと気持ちの良い空間にしていきましょう。

 

スポンサードリンク

岡田 周子
この記事を書いた専門家:岡田 周子

『ちょこttoおかたづけ☆』

「好きなこと」で「楽しく稼ぐ」をポリシーに、家庭からオフィスまで幅広くお片付け情報を発信します。
ブログ:ちょこttoおかたづけ☆ & Nail's Room Sora

→詳しくはこちら

この記事が気に入ったら今すぐシェア!