「捨てる」から「寄付する」ランドセルの考え方へ。『想い出のランドセルギフト』キャンペーン実施中

ランドセルギフト

国際協力NGOジョイセフは、「想い出のランドセルギフト」秋のキャンペーンを9月1日から実施しました。

もう使わなくなったランドセルを「捨てる」のであれば、「寄付する」という考え方に変えてみてはいかがでしょう?

 

 

スポンサードリンク

 

「想い出のランドセルギフト」とは?

ランドセルを贈る

「想い出のランドセルギフト」は日本で使わなくなったランドセルを、教育が受けられない世界の子どもたちに寄贈する、NGOジョイセフの国際支援活動です。

2004年から継続されていて、届けられたランドセルは17万個を超えています。

 

「想い出のランドセルギフト」秋のキャンペーン概要

キャンペーン内容

キャンペーン期間は、2017年9月1日~ 2017年10月17日。

いらなくなったランドセルを、海外輸送費1800円を支払うか、指定倉庫に送る形で寄付します。

ランドセルの送り先は、タリバンやISのテロが続くアフガニスタンの子どもたち。

>>詳しくはジョイセフのキャンペーンページをご覧ください

 

ランドセルを「捨てる」から「寄付する」考え方へ

赤と黒のランドセル

子どもの頃に役目を終えたランドセル。思い出として残し続けておくのも良いですが、断捨離で捨てようと思った時は、別の選択肢として「寄付する」考え方も良いのではないでしょうか。

片付けで捨てるのではなく誰かに寄付できると、モノを捨てた後ろめたさよりも前向きな喜びを得られます。

 

「想い出のランドセルギフト」のように、誰かに寄付できるチャンスがあるならば、積極的に利用してみてはいかがでしょう。捨てる以外の選択肢として、良いモノの手放し方だと思いますよ。

 

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら今すぐシェア!