スリッパの収納アイデア11選「スリム&省スペースで玄関をすっきり、おしゃれに!」

スリッパイメージ

玄関で置き場所が困る、スリッパ。自分で使っているという人もいれば、来客用にしか使わないという人もいて、収納場所に悩むモノです。

スリッパの収納をどうすれば良いか、困り事から考え、11個の収納アイデアを紹介したいと思います。スリムで省スペースなアイデアを使って、すっきり、おしゃれなスリッパ収納を目指しましょう。

 

 

スポンサードリンク

 

スリッパの収納でよくある困り事

スリッパ困り事

[1]玄関スペースが狭くて置き場所がない

都会に住む人が増えているので、大きな戸建てではなく、玄関スペースが狭い人が多い昨今。

来客用、自分用にスリッパを使いたいが、賃貸マンションだと玄関が狭くてスペースがない。そんな方が多いので、極力スリムなラックにしたい、省スペースな収納場所にしたいと考える人が多くなっています。

[2]来客用しか使わないのに置かざるをえない

普段は来客用しか使わず、スリッパを常時玄関の見えるところに置きたくない。でも、スリッパラックがあるから置かざるをえないので悩んでいる。

思い切ってスリッパはやめたいけど、来客用に置いておかないといけないので、置き場所に悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

[3]出しっぱなしで目につく、すっきりしない

あまり使わないスリッパを玄関に出しっぱなしするのはイヤ。来客用にさっと出せるので、出しっぱなしの方が便利なのはわかっているのですが…。ラックに収納しても目につくからすっきりせず。できたら隠しておきたいなと思っている人は多いはずです。

[4]玄関にそのまま並べるとごちゃごちゃして邪魔

旅館のように、玄関フロアにそのまま並べてしまっている方。使わないスリッパがあっちへ行ったり、こっちへ行ったりと、乱雑になってイライラの元になります。

[5]トイレのスリッパを出しっぱなしにしたくない

来客用にしか使わないのに、トイレ用スリッパを常時置いていると、自分たちがトイレをする時に邪魔になってしまいます。掃除する時も毎回移動させてないといけないし、イライラの原因に。トイレスリッパをうまく収納できないか悩んでしまいますよね。

 

よくある困り事、これらを解決するため、スリッパの収納方法にはたくさんアイデアがあります。よく使われるアイデアを11選にまとめてみたので、参考にしてくださいね。

 

1.定番の斜め型スリッパスタンドはスリムタイプがトレンド

スリムなスタンド

定番はやはり昔からある、斜め型のスリッパラック。従来は木のラックを使う方が多かったと思いますが、最近はスリムなスチール製がトレンド。

斜めになっていることで、スリッパがかけやすく、取り出しやすいのが特長。4足分入るのが一般的で、子供がいる家族向きです。来客用としても、4足あれば足りるでしょう。

 

2.直立の縦型でスタイリッシュに

縦型

斜め型だけではなく、直立型のラックも人気。斜めだとどうしても背面側に無駄なスペースができます。それをなくし、直立で前面と背面の両方にスリッパをかけられるようになっています。合計で6足置けるものが多いので、省スペースかつ大量のスリッパを置くことができますね。

デザインも直立している分、スタイリッシュな雰囲気になっており、玄関に置いてもすっきりしますよ。

 

3.限られた玄関スペースなら小さな横型

横型

縦にすると、玄関で目立ってしまって圧迫感がある。できるだけ小さく、こっそり置いているくらいにしたい。玄関に限られたスペースしかない場合は、圧迫感が少ない横型がおすすめです。

スリッパを挟むように差し込む形が一般的で、スタイリッシュなものからナチュラルな木製のものまで、デザインはいろいろと選べるので、玄関インテリアに合わせて横型ラックを選ぶと良いでしょう。

 

4.スリッパ自体をおしゃれにディスプレイする

おしゃれなラック

スリッパを邪魔ものにせず、もっとおしゃれに見せたい方におすすめなのが、スリッパ自体をディスプレイにしちゃうアイデア。

おしゃれなラックを使い、スリッパをすっきりとディスプレイするように収納します。ある程度玄関にスペースがないとできませんが、おしゃれにこだわる家なら、インテリアとして使えるのではないでしょうか。うまく並べれば、大量にあるスリッパもおしゃれに見せることができますね。

 

5.引っ掛け式でデッドスペースを活用

引掛け型

スリッパも靴と同じ履物なので、下駄箱近くにしまいたいですよね。下駄箱の近くだと、やはり側面。ここのデッドスペースを有効活用できないかと考えられたのが、引っ掛け式のスリッパラックです。

下駄箱の上面にラックを引っ掛け、側面にスリッパをかけて収納する形になります。狭い玄関でも、うまく省スペースを追求したアイデアとして人気ですよ。

 

6.カゴ、バスケットで来客時だけ登場させる

バスケット

お客様が来る時だけスリッパを出したい方におすすめなのが、カゴやバスケットで収納する方法。カゴやバスケットに入れておけば、普段は別の場所に隠して収納し、来客時だけカゴごと玄関に出せます。

もちろん、おしゃれなカゴであれば、玄関に置きっぱなしでもOK。ナチュラル風でインテリアにもなります。専用のスリッパバスケットも売っていますよ。

 

7.壁に掛けて場所を取らないようにする

壁掛け

床にスリッパラックを置く場所がない人は、壁を活用してみる手もアリ。スリッパは軽いので、粘着フックを貼り付けて、そこにラックを吊り下げることができます。

掃除を考えて、ラックを床に置きたくない人にもおすすめです。壁に掛けるスリッパラックとして、売っているアイテムもありますよ。

 

8.100均タオルハンガーを使った下駄箱の扉裏収納

 

☺さん(@yu_ki._.rin2)がシェアした投稿

下駄箱、靴箱の扉裏が空いていて、スリッパが入るスペースがあれば、迷わずコレ。100円ショップのタオルハンガーを使って、扉裏に隠す収納ができます。

設置方法は簡単。ダイソー、セリアなどの100円ショップに売られているタオルハンガーを、扉裏にスリッパの幅に合わせてくっつけるだけ。DIYほど頑張る必要はないので、お手軽に導入できますよ。

 

9.100均アイアンバーを取り付けるだけの手作りラック

100円ショップセリアのアイアンバーを使えば、簡単にスリッパラックがDIYできます。アイアンバーの隙間がちょうどスリッパをかけるのにぴったり。横幅も長く取れるので、スリッパを複数かけることができます。

玄関の壁に設置すれば、床に置くことなく、スリッパをかけることができます。DIYとしてはハードルが低いので、取り付ける壁スペースがあればチャレンジしやすいと思います。スリッパの数に合わせて増やせますし、自分の好きな場所に取り付けられるのがいいですよ。

 

10.100均のすのこを使った手作りDIYラック

 

e’s Ꙭ homeさん(@he_k.r.s)がシェアした投稿

ダイソーやセリアなど100円ショップで手に入るすのこを使えば、簡単にスリッパラックを手作りできます。

すのこをカットして、壁と合わせた色を塗り、壁に貼り付ける形で作るラック。すのこを組み合わせて箱のように作るスリッパラック。などなど、玄関に合わせて、オリジナルのスリッパラックを作るのも良いでしょう。

 

11.ニッチカウンターとセットで壁に埋め込み収納を作る

玄関の壁をくり抜くような形で、ラックを埋め込むこともできます。玄関の壁の一部をくり抜いて、凹みを作り、ニッチカウンターとスリッパ収納をセットで作るアイデアです。

新築時に作ることもできますし、壁の状況によっては簡易リフォームで作ることもできます。大工さんに依頼しないといけませんが(自分でくり抜くこともできないことはないです)、スリッパ収納が埋め込まれていると、おしゃれな玄関になること間違いナシです。

 

スリッパの収納アイデア11選まとめ

スリッパの収納はアイデア次第でいろいろな方法があること、わかっていただけたでしょうか。おしゃれなスリッパラックも販売されていますし、DIYもそれほど難しくなく真似できます。

玄関スペースや、インテリアの雰囲気に合わせて、スリッパをうまく収納できるよう試行錯誤してみると面白いと思いますよ。スリッパ収納については、すぐにコレだと思える収納方法を見つけづらいので、自分がしっくりくるまでいろいろ試してみるのがおすすめです。

 

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら今すぐシェア!