どこいった?とさよなら!手袋収納のコツとおすすめ収納アイデア9選

赤い手袋

寒い冬の季節にお出かけする時、どこにいったっけ?と探してしまうものはありませんか。その代表が、手袋です。コートのポケットに入れ忘れたり、バッグに入れ忘れたり、テーブルの上にちょい置きしたりと、手袋はすぐにどこかにいってしまいがち。

冬だけしか使わないし、ちょっとした小物だからと、明確な置き場所を決めない。片付けも適当になってしまいやすい手袋。今回は、そんな手袋の収納方法のコツと、おすすめの収納アイデアを9つピックアップしてみました。

冬シーズンに活躍する手袋、そろそろちゃんとした片付け場所を決めませんか。

 

 

スポンサードリンク

 

「どこに置いたっけ?」いつも忘れちゃう、手袋収納でよくある悩み

冬支度を置く

[1]どこにいったっけ?と特定の場所が決まらず探してしまう

冬の間だけだし、とりあえず適当に置いてしまいがちな手袋。片付ける場所を決めず、常にちょい置きしてしまうと、あれ、どこにいったっけ?と外出時に困ってしまいます。

[2]目につくところに山積みにすると雑然と見えてしまう

外出時にさっと持てるよう、目につく棚に置いている方も多いはず。でも、その棚に他のものまでちょい置きして、山積みになっていませんか?そうなると、どうしても雑然と見えてしまいがち。

[3]衣装ケースの中に入れるとどこにいったか忘れがちに

衣類系ということで、冬用のマフラーや帽子と一緒に衣装ケースにしまう方も多いでしょう。衣装ケースなど収納場所にしまいこんでしまうと、どうしても埋もれてしまって忘れがちになりやすいです。

 

置き場が決まりづらい手袋を収納するコツは?

たくさんの手袋

[1]外出時に身につけやすい玄関をベースにする

手袋は外出の時に使うモノ。使いやすい片付けルールとしては、使う場所に収納するのが一番。中でも、靴を履く玄関がおすすめ。

帰宅時にすぐ手袋を脱ぐことが多いと思うので、脱いだ後にすぐしまえる置き場所が玄関にあると便利ですよ。

[2]服のコーデとセットにできるクローゼットをベースにする

コートやマフラー、帽子など冬の身支度をするクローゼットもおすすめです。服と合わせて手袋を選ぶなど、コーディネートがしやすいのが特長ですね。

身につけるモノはクローゼットを中心に全て収納している人には、手袋の置き場所もクローゼットがよいでしょう。

[3]分かりやすい収納場所を決める

手袋がどこにあるか探しづらいことはストレスになります。パッと見て分かりやすいようにしまえば、急に外出する時も慌てて探すことはありません。

家族がいる場合は、子供たちが自分で片付けやすく、皆がそれぞれの手袋を分かりやすく見つけられるように工夫することが重要です。

[4]取り出しやすい収納方法にする

下の方にあるからいちいち他のモノをよけないといけないというような収納方法はダメ。冬になると毎日のように手袋を使う場合があるので、さっと取り出せて、さっとしまいやすい方法で収納しましょう。

[5]冬のシーズン中だけの収納アイデアを考える

シーズンオフは 靴下と一緒にしまったり、冬に使ったマフラーと一緒に衣装ケースにしまえばOK。問題は、シーズン中の冬にどこに置くかです。寒い冬の時期だけなので、収納グッズは手袋専用のものにはせず他のモノを流用しましょう。

 

では、ここから収納アイデア9選。置き場所としておすすめな、玄関とクローゼットに分けて紹介したいと思います。

 

1.玄関の下駄箱扉裏にウォールポケットを付けてすっきり収納

下駄箱裏ウォールポケット

出典:おうちマニア

手袋を玄関にする場所としておすすめなのが、下駄箱の扉裏です。下駄箱のスペースに余裕があれば、靴を置く棚に置くのもよいのですが、靴がいっぱいで場所を取りたくない時は、下駄箱扉の内側スペースを使いましょう。

扉裏に取り付ける収納グッズとしては、ウォールポケットが使いやすいです。ポケット1つずつに右左両方の手袋を入れるだけ。指の所をポケットから出すように入れれば、さっと取り出せるし見た目もかわいいです。

扉への取り付け方は、100均やコマンドフックなどのフックを貼り付け、そこにウォールポケットを引っ掛けるのが一番簡単。ウォールポケットも隠れているから100均で十分。透明なポケットだと中が見えて使い勝手もいいですよ。

 

2.下駄箱扉裏にフックとクリップで吊り下げるだけ

 

junさん(@jun__tiki)がシェアした投稿

下駄箱の扉裏に吊るすアイデアもあります。100円ショップの粘着フックを貼り付け、100円ショップのフック付きクリップを吊り下げて、手袋を挟むだけの簡単アイデアです。

クリップは無印のひっかけるワイヤークリップでもいいですし、木製クリップを紐で吊るすのもいいです。フックを貼り付けるだけなので、手軽さがいいですね。シーズンオフになったら、フックを外してしまうのもいいと思います。

 

3.カゴ・ボックスを下駄箱の中に用意する

下駄箱の中にボックス

出典:white! 〜心地よい暮らしは白い部屋から〜

玄関の下駄箱スペースに余裕があれば、手袋用のカゴやボックスを用意してみましょう。カゴにぽいっと入れるだけなので簡単です。冬のお出かけ用に、マフラーや帽子、手袋をセットにしておけば、すぐに身支度できますし、忘れモノが減りますよ。

家族がいる場合は、家族ごとにボックスを作って、冬支度セットを作りましょう。入れるだけの簡単収納なので、子供も自分で片付けやすいです。

 

4.玄関の隙間を利用して突っ張り棒で吊るす

玄関突っ張り棒

出典:夫定年後の妻の暮らし

玄関に傘立て用のくぼみがあれば、突っ張り棒の出番です。下駄箱の傘立てスペースでもいいので、突っ張り棒を張れる場所があったら、取り付けてみましょう。

そして、無印のひっかけるステンレスワイヤークリップや、セリアのハンギングピンチのような、ひっかけられるクリップを突っ張り棒に取り付けます。あとはクリップに手袋をはさんで出来上がり。

突っ張り棒にS字フックをつければ、お出かけ用のバッグもかけられるので、他のお出かけグッズも一緒にセットするといいですね。

 

5.ディッシュスタンドで下駄箱の上に見せる収納

玄関にディッシュスタンド

出典:Horse eyes 350

ナチュラルな雰囲気を出せる、白木のディッシュスタンドに置いて見せる収納。単純ですが、これだけでもおしゃれなディスプレイに見えます。

ディッシュスタンドのお皿が入る場所が、手袋2つを収めるのにぴったり。ちょうど良い間隔で、手袋をしまえて、立たせることができます。

ディッシュスタンドとしては、100円ショップで買えるものでも十分。下駄箱の上にスペースがあると使い勝手が良いですし、ディスプレイとしても玄関におしゃれ感が出ますよ。

 

6.玄関の壁にネットバッグ(メッシュバッグ)で吊るす

ネットバッグ

出典:公園よこのちいさないえから

玄関や廊下に、かける場所があれば、ネットバッグ(メッシュバッグ)に入れて吊るす収納アイデアが使えます。

手袋、マフラー、帽子の冬支度セットを放り込んでおくだけの簡単収納です。ネットバッグは中身が見えるので、ごちゃごちゃと入れてもどこにあるかわかりやすいです。

また、外で使うけど、そんなに毎回洗わない手袋たちは、どうしても汚れているイメージが強いですよね。それをクローゼットに入れてしまうよりも、ネットバッグで別にできるのは衛生的にもちょうどいいと思います。見た目もおしゃれですしね。

 

7.クローゼットの扉裏にある壁にウォールポケットを付ける

クローゼットにウォールポケット

出典:Chairs and.ナチュラルなインテリアと雑貨と手作りと、日々のこと。

手袋をクローゼットに収納する場合のスタイルとしておすすめなのが、扉裏にある壁にウォールポケットを付けるアイデア。クローゼットの左右両端には、壁があり、開け閉めする扉の後ろはデッドスペースになります。そこを利用して、吊り下げる収納方法が手袋にはちょうどいいですよ。

ウォールポケットはダイソーなど100円ショップ購入のモノでもいいですし、クローゼットのテイストに合わせたモノもいいでしょう。壁に粘着フックを取り付けて、ウォールポケットを引っかければOK。冬は手袋、帽子などを入れるといいですよ。

 

8.クローゼット扉裏に突っ張り棒を使って吊るす

クローゼット突っ張り棒

出典:*LittleHome*

クローゼット扉裏のデッドスペース活用としては、突っ張り棒も定番方法です。クローゼット両端の壁にはわすように、奥の壁と手前の梁に突っ張り棒を設置することが可能です。ちょうど服をかけるパイプハンガーの下を通すように突っ張り棒を張ると、うまく取り付けることができます。

その突っ張り棒に、ひっかけるクリップを使ってひっかければ、あとは手袋をはさむだけ。突っ張り棒にマフラーをかければ、手袋とマフラーのセットで収納できますよ。

 

9.IKEAのマルチユースハンガーにかける

IKEAマルチユースハンガー

出典:Non’s Tips Diary

手袋が多い方におすすめなのが、IKEAのマルチユースハンガー。丸い輪にネクタイなどを通してかけるのが一般的な使い方ですが、手袋にもぴったりです。

特に手袋をたくさん持っている方には、並べるだけでも気持ちよく整理できます。マルチユースハンガーは、クローゼットのパイプハンガーにそのままかけることができるので、収納スペースも服一着分しか取りません。かけるだけなので、手袋が見やすく、取り出しやすいのがいいですね。

もちろん、手袋が多くない人でも、ネクタイやマフラー、ストール、ベルトなど他のアイテムと併用して使えますよ。

 

ご自宅で使えそうなアイデアはありましたか?

手袋の収納アイデア、うまく取り入れられそうなモノはあったでしょうか?

ご自宅の玄関やクローゼットで、マッチしそうなアイデアがあったら、ぜひ取り入れてみてください。

冬だけだから手袋くらいいいやと思わず、ちゃんと片付け場所を決めてみましょう。手袋がきっちり収納できるようになると、お出かけ時のストレスがかなり軽減されると思いますよ。

 

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら今すぐシェア!