平成29年度「住まいのインテリアコーディネーションコンテスト」&「キッチン空間アイデアコンテスト」表彰

インテリア産業協会コンテスト

インテリア産業協会は、平成29年度「住まいのインテリアコーディネーションコンテスト」と「キッチン空間アイデアコンテスト」のコンテストを実施。2018年1月17日に受賞作品の表彰式を行いました。

 

 

スポンサードリンク

 

住まいのインテリアコーディネーションコンテスト

インテリアコーディネーションコンテスト

応募テーマは、事例分野として、新築部門、リフォーム部門、スタイリング部門(部分的なシーン)。課題分野は、「私だけのインテリア空間」と「窓を活かしたユニークなリビング空間」。募集期間は平成29年11月1日(水)~11月15日(水)の中で、応募総数は388作品。

その中から、経済産業大臣賞に選ばれたのは、喜多ハウジング株式会社キタデザインチームの「風雪に耐えた古民家に光るアート」。

製造産業局長賞は、トライデントデザイン専門学校松井香奈さんの『四季をかたちにする「和紙工房」』。

インテリアコーディネーションの入賞作品一覧は、こちらで見れます。

>>平成29年度住まいのインテリアコーディネーションコンテスト入賞作品一覧

 

キッチン空間アイデアコンテスト

応募テーマは、コンセプトが「こんな人に、こんなキッチンを伝えたい」で、テーマが「団らん・優しいキッチン空間」と「暮らしが変わったキッチンリフォーム空間」でした。募集期間は平成29年9月1日(金)~10月31日(火)の中で、応募総数は316作品。

その中から、協会会長賞に選ばれたのは「3.03㎡×3.6㎜」。広くても薄いキッチンという斬新なアイデアが受賞しています。

キッチン空間アイデアの入賞作品一覧は、こちらで見れます。

>>平成29年度キッチン空間アイデアコンテスト入賞作品一覧

 

インテリアコーディネートのコンテストだけあって、斬新なアイデアが多く、コンセプト写真を見るだけでワクワクします。収納だけの視点ではなく、インテリアも含めて居住空間を考えてみるのも楽しいですね。

 

スポンサードリンク