「見せる収納 片づけない収納 (私のカントリー別冊)」レビュー。見せる収納インテリアへのこだわりがスゴイ!

見せる収納片づけない収納
主婦と生活社の「見せる収納 片づけない収納 (私のカントリー別冊)」(主婦と生活社、2017年11月発売)を読んでみました。本書は、私のカントリー編集部が、「私のカントリー」別冊としてまとめられた本です。実例取材を多く行っている「私のカントリー」なので、どれくらい素敵な実例写真が見れるか楽しみにしていました。どんな見せる収納アイデアがあるのか、読んでみた感想を紹介します。

 

 

スポンサードリンク

 

「私のカントリー」と「ZAKKA BOOK」歴代実例写真が満載

本書の構成は、全国で取材、撮影したインテリア雑貨にこだわっている方の実例写真が中心。章立ては、Chapter1から4までとコラムがあり、テーマに沿って実例写真を紹介する形です。

Chapter1は、理想は「すっきりした家」。それ、本当?、というテーマで、4人の方のキッチンとリビングダイニング中心に見せる収納にこだわった部屋写真を紹介しています。

Chapter2は、収納を制する者はキッチンを制す、というテーマで、キッチンまわりを中心に実例を紹介。Chapter3と4は、見せる収納アイデアを中心に写真で解説しています。

とにかく、こんなにインテリアにこだわっているのかとびっくりするくらい、おしゃれな見せる収納写真が登場しますよ。

 

見せる収納のインテリアヒントが見つかる

雑誌の強みとして、インテリアや雑貨に強いため、実例集で登場する方もとにかくインテリアや雑貨に対するこだわりがスゴイです。

こんな雑貨を収納アイテムとして使うのか、こんなDIYをしておしゃれに見せることができるのか、というセンスが実例写真の随所に見られます。写真の中に登場するちょっとした小さなアイテムでも見逃せないくらい、いろいろなインテリアにこだわっているのが伝わってきます。

見せる収納アイデアというよりも、見せる収納インテリアと言った方が本書を理解しやいのではないかと思います。見せる収納に使える雑貨アイデアは、あまり知られていないマニアックでレアなものもたくさんあって必見だと思いますよ。

 

口コミ・評価

良い口コミ・評価

・素敵なインテリア写真が多い
・実例写真が多くて見てるだけでも楽しい
・可愛い系から男前系までバリエーションが豊富

悪い口コミ・評価

・見せる収納は見せない収納の数倍センスが必要で真似しづらい
・インテリア雑貨選びのセンスが良すぎて共感しづらい
・「私のカントリー」で以前紹介された写真が多い

 

catasoレーティング

わかりやすさ:3点

私のカントリー別冊ということでインテリア雑誌のような書籍です。実例写真も大きく掲載されていて、ピックアップされている部屋が素敵なものばかり。大きい全体写真と各収納エリア毎に写真と解説があるのでわかりやすい。パラパラめくって見るだけでも楽しく、見せる収納の参考になります。

独創性:4点

片付けずに見せる収納というスタイルを極めていった人たちの実例写真がこんなにたくさん見られるのは珍しいと思います。それぞれ、見せる雑貨にこだわっているので、インテリア雑貨がたくさん出てきて参考になります。こんな雑貨も収納に使えるんだと思わせるアイデアがいっぱいあります。

学びやすさ:3点

本紙は新規の取材とともに「私のカントリー」と「ZAKKA BOOK」の中から読者の人気が高い写真を厳選、再構成されています。よって、見せる収納のインテリアテイストが、男前系、ナチュラル系、北欧系など、いろいろなジャンルがあって、自分に合ったテイストを選ぶことができるのがうれしいです。

真似しやすさ:3点

一つ一つの見せる収納アイデアをピックアップして写真で解説してくれているので、どんな雑貨を使っているのか、どんなDIYアレンジをしているのかなどが理解しやすい。写真が豊富なので、参考にしやすいです。ただ、登場する全員がとにかくおしゃれで、雑貨へのこだわりがハンパないです。これを真似るのはかなりセンスが必要で、ハードル高そう。

総合:3.25点

ここまで見せることにこだわるのか、というくらいインテリアや雑貨のこだわりがスゴイです。見せる収納アイデアよりも、見せる収納に使うインテリア雑貨のこだわりに目が奪われます。そこを極めた人たちのアイデアなので、誰でも真似しやすく参考になるというよりも、いい意味でも悪い意味でも、ただただスゴイなあと、かっこいいなあ、おしゃれだなあと眺めるだけに終わってしまいそうな本です。

 

見せる収納を極めたい人におすすめ

雑誌「私のカントリー」と「ZAKKA BOOK」でこれまで特集された人の見せる収納インテリア歴代作品を集めて集大成にした印象です。インテリア雑貨にこだわりを持つ人たちなので、見せる収納ノウハウよりもインテリア雑誌として見た方が良いでしょう。

片づけてスッキリするよりも、自分の好きな雑貨に囲まれて楽しみたい人に向いている本です。見せる収納をさらに極めたい、さらにいろいろなアイデアが欲しいという中級レベル以上の人におすすめしたい本ですね。

 

見せる収納 片づけない収納 (私のカントリー別冊)
「私のカントリー」が見せる収納にこだわったインテリア重視の収納本
 

 

スポンサードリンク