虫かごの収納方法と収納アイデア6選「用途に合った虫かごで飼育に適した場所へ」

虫かごをもつ子供

虫好きにとって虫取り網と同じくらい大事な虫かごの収納方法と収納アイデアを紹介します。

虫かごは大きく分けると、捕まえた虫を一時的に入れておく「メッシュタイプ」と、飼育用に使う透明な「プラスチックタイプ」の2種類あります。

ペットショップやホームセンターは元より、100円ショップダイソーでも大中小の3種類が売られており、手軽に手に入る虫かご。用途が違えば置く場所も変わってくるので、子どもが使うことを考えて「片付けしやすい」「飼育しやすい」場所を選びましょう。

 

 

スポンサードリンク

 

どんな物を選んでどこに置けばいい? 虫かごの収納でよくある困り事って?

メッシュタイプの虫かご

[1]家に置くことを考えるとどんな虫かごを選べばいいか迷う

ペットショップやホームセンター、100均、ネットショップでは、小さいものから特大サイズまで実にさまざまなサイズ、種類が売られています。メッシュタイプにするか、プラスチックタイプにするか、どんなサイズにすべきか、家に置くことを考え、何を選べばいいか迷ってしまいます。

[2]虫かごの色がカラフルで派手

虫かごは、緑や青といったカラフルなものが多いですよね。その辺に置いておくと結構目立つので、人目につく場所にカラフルなものを置きたくない人にとっては、悩みのタネになってしまいます。

[3]屋内?屋外?どこに置けばいいのか迷う

子どもは良くても、親が虫が苦手という場合もありますよね。虫を飼育する場合は、室内に置けばいいのか、屋外に置けばいいのか、置く場所も迷うところです。

[4]虫かごが多くなると置き場所に困る

本格的に昆虫採集を始めると、どんどん虫かごが増えていきます。飼育環境も考えつつ、飼育ケース置き場を確保しなければなりません。虫かごが多くなると収納スペースがなくなり困ってしまいます。

[5]赤ちゃんがいる家庭ではひっくり返される可能性も

兄弟に赤ちゃんがいる家庭では、飼育ケースを下の方に置いておくとひっくり返される可能性も。子どもが世話をしやすい場所に置きつつ、赤ちゃんの手の届かないよう気をつけましょう。

 

収納のコツは用途に合わせた虫かご選び!飼育するときは虫に適した場所に置く!

緑色のメッシュタイプ

[1]「飼育しない・する」を考えて虫かごは最小限に

虫を捕まえてその場で放す「飼育しない場合」なら、メッシュタイプが最適です。軽くて紐がついているので、子どもの肩にかけて持ち運びも楽々。羽がある虫用に羽を傷つけないネットタイプもあります。

虫を飼育する場合は、透明のプラスチックタイプを選びます。フタも透明のものを選べば、上からも中の様子を見ることができ便利。持ち手のついた小さめの虫かごは、「捕獲用」と「飼育用」両方で使えるのでひとつあると困りません。

虫かごが多くなりすぎて収納スペースに困らないよう、まずは子供と話し合って一緒に用途を考えてから、最小限の虫かごを選びましょう。

[2]見た目重視したい人はおしゃれな虫かごを

収納するのに見た目を重視したい人は、木製のおしゃれなものや形がかわいい虫かごも売られています。ダイソーで売っている緑や青の虫かごを、好きな色にペイントする方法もあるので、DIYが好きな人は試してみてくださいね。

[3]飼育場所に合ったサイズを選ぶ

飼育する際は、事前にどこに置くか決めて設置場所に合ったサイズを選びましょう。虫かごは大きいもので約40cm、特大サイズでも約50cmまでしか売られていないので、60cm以上の大きいものが必要な場合、水槽や衣装ケースで代用できます。

[4]虫にとって最適な場所に置く

カブトムシ、クワガタ、アリ、バッタなど、虫によって飼育環境が異なります。屋外に置く場合直射日光を避ける風通しがいい場所。ダンゴムシなら薄暗いところなど、虫にとって最適な場所に置きましょう。

 

虫を飼育するかしないかで、どんな虫かごを選べばいいかが変わり、収納場所も変わります。さまざまなタイプがあるので、バラエティに富んだ収納アイデアを7つ集めました。これから購入する人も、すでに持っている人も参考にしてみてください。

 

1.虫取り網と一緒に吊り下げて収納

網と一緒に吊り下げる

出典:meguri 一条工務店アイスマート?夢のマイホーム?理想の暮らしをする為に…

虫かごは虫取り網とセットで使うので、同じ場所に吊り下げて収納しましょう。「壁や収納扉の裏にフックを付けて吊り下げる」「玄関ドアにマグネットフックを付けて吊り下げる」など、子どもがひとりで片付けられる位置に付けるのがポイントです。

 

2.大きめのかごを使ってざっくり収納

カゴに入れる

出典:お受験ママ 片づけ苦手 オシャレライフ・ライフオーガナイズ・整理収納・ワードローブ診断@中央区 江東区 港区 新倉暁子

紐がついていない虫かごは、大きめのかごやボックスを用意して、そこへざっくり収納します。虫取り網がある場合、その近くに置くのがベスト。たくさん持っている人も1箇所に収納でき、カラフルな虫かごもそこまで目立たなくなります。

 

3.飼育ケースは重ねると省スペースに

 

佐智子 大田さん(@sacchi87)がシェアした投稿

飼育ケースは縦に重ねると省スペースになります。大きいものを下にして小さいものを上に重ねましょう。重ねすぎると崩れる原因になるので、重ねても3段か4段。子どもが自分で取れる高さ、安全には考慮しましょう。

 

4.高さが変えられるラックに並べて収納

 

yuccoさん(@yukkerogecco)がシェアした投稿

棚板の高さが変えられるラックを使うと、虫かごの高さに合わせて可動できるので便利です。スチールラックは、サビにくく屋外でも使え、土が入った重い虫かごのに耐えられるのでおすすめです。

 

5.ダンボールで虫かご置き場所をDIY

 

Sakiさん(@99saki)がシェアした投稿

コスパを重視したい時は、段ボールをを使って虫かご置き場をDIYしましょう。段ボールのフタはガムテープでとめて、カッターで横に穴を空けます。段ボールを重ねれば、マンションのような虫かご置き場の完成です。

 

6.ペットボトルで虫かごを作り使い捨てにする

 

Megumi Kiyomizuさん(@megu.227k)がシェアした投稿

ペットボトルと麻紐、ビニールテープを使って、簡単な虫かごを作ることができます。飼育はしないけど公園に行った時、虫を捕まえてちょっと観察したい時に便利。使い捨てにすることで、オフシーズンは収納しないというアイデアです。

 

虫かご収納アイデア6選まとめ

虫かご収納アイデア6選はいかがでしたか? 段ボールやペットボトルを使ったDIYアイデアは子どもと一緒に作ったら楽しめそうですね。

虫かごには「メッシュタイプ」と「透明タイプ」があるので、用途に合わせて収納場所を変える必要があります。また、生き物を入れておくものなので、飼育する際は収納の見た目よりも虫に適した環境に置くことが大切です。

これから虫かごを購入する人も、すでに持っているという人も、参考にしてみてくださいね。

 

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら今すぐシェア!