ビニールプール収納方法とアイデア6選「カビ対策をしっかりしてから片付けよう!」

ビニールプールに入る子供

夏の間、子どもが水遊びする時に活躍するビニールプール。赤ちゃん用から大人が入れる大きさのものまで、サイズも形もさまざまです。

子どもは大喜びのプール遊びですが、「空気を入れるのが大変」「水を溜めるのが大変」と準備も使った後の片付けも面倒ですよね。空気を抜いても結構かさばるので収納方法も困ってしまいます。

そこで、プールを片付ける前に、知っておきたい収納のコツとアイデアを紹介します。

 

 

スポンサードリンク

 

空気を抜いてもかさばる!ビニールプールの収納でよくある困り事って?

かさばるから片付けるのに困る

[1]保管状態によっては黒カビが生える

いざプールで遊ぼうとして収納場所から出してみたら黒カビが!という経験はありませんか? 保管場所、保管状態が悪いとカビが生えてしまうことも。子どもが遊ぶものですからカビが生えると心配です。

[2]よく使うシーズン中の置き場所に困る

遊んだ後「毎回空気を抜いて片付けるのは面倒」かと言って屋外に出しっぱなしにすると、直射日光に当たって劣化してしまう。シーズン中のビニールプールは、どこに置いておくか悩みます。

[3]空気を抜いてもかさばるので収納しづらい

最近では、滑り台や装飾がたくさん付いた、子どもが楽しめる商品も多く売られています。子どもに喜んでもらおうと大きくて装飾がたくさん付いた物を買うと、空気を抜いてもかさばって収納しづらいという問題に…。

[4]ビニールプールの正しい管理方法が分からない

プールを使った後、きちんと洗って乾かしてから片付けていますか。間違った管理をして収納してしまうと劣化やカビの原因になり、ワンシーズンで捨るはめに。来年もまた使えるようにするには、正しい管理をする必要があります。

[5]プール本体以外の関連用品の収納スペースも必要

プールで遊ぼうと思うと、エアポンプや水遊び道具の収納場所も必要です。ただでさえかさばるビニールプールの他に、関連用品の収納スペースを考えなければいけません。また空気を入れたい時にエアポンプがどこにあるか分からないと困ってしまいます。

 

使った後はきれいに洗って天日干し!サイズや種類は収納場所を考えてから選んで

天日干し

[1]遊び終わったら重曹を入れてスポンジで洗う

子どもの皮脂や汗で、プールの中は想像以上に汚れています。何もしないで保管しておくと赤カビや黒カビの原因にも。使用した後は、重曹を水の中に入れてスポンジで洗いぬめりを取ってから片付けましょう。

[2]立てかけてしっかり乾かしてから片付ける

水を抜いた後は風通しの良い場所に立てかけてしっかり乾かすことが大事です。裏表ひっくり返して両面乾かしてから収納しましょう。特に内側は乾きづらいので、タオルで拭くなど水が残っていないかきちんとチェックしてくださいね。

[3]黒カビはカビキラーできれいにする

黒カビが生える原因として「ビニールプールに水分が残ったまま保管した」「湿気が多い場所に保管していた」ということが考えられます。

ビニールプールに黒カビが生えたらたからといって、捨ててしまうのはもったいない。そんな時は、カビキラーを使ってきれいにしましょう。

[4]シーズンオフは空気をしっかり抜いてコンパクトに

収納する際は、空気をしっかり抜いてできるだけコンパクトに折りたたみましょう。

圧縮したまま高温の場所に保管すると、ビニール同士がくっついてしまう場合があります。折りたたむ時にベビーパウダーをかけると、次使う時にスムーズに広げることができるので試してみてくださいね。

[5]商品を選ぶ時は収納スペースの広さを考えて

プールを買う時は、どこに収納するかを考えて、スペースに合わせた大きさの商品を選びましょう。あまり収納スペースにゆとりがない人は、コンパクトになるタイプを選ぶなど。空気を入れないで使える商品もあるので自分の収納に合わせたビニールプールを選びましょう。

 

長期保管する前にきれいに洗ってよく乾かすことで、カビを防ぐことができます。かさばるビニールプールはどこに保管するのがいいか、cataso編集部でアイデアを集めてみたので参考にしてみてくださいね。

 

1.100均のチャック付きナイロンバッグに入れて押入れの天袋へ

ダイソーチャック付きナイロンバッグ

出典:my BESTな収納の場所たち ( インテリア ) - our days~シンプルLife・シンプルインテリア~

頻繁に出し入れしないシーズンものは、押入れの天袋に収納しましょう。プールを天袋に収納する時は、100円ショップダイソーで売られている「チャック付きナイロンバッグ」に入れるとスッキリまとまります。

チャック付きで埃もかぶらず、天袋にぴったりのサイズ。ナイロンバッグは柔らかい素材なので、収納スペースの隙間に合わせて形を変えられ、限られたスペースに置きたい時にぴったりです。

 

2.スタッキングできるバスケットに収納すれば持ち運びも便利

スタッキングボックス

買い物などで使うショッピングバスケットは、取っ手がついているので庭に持って行く時便利。水に濡れても大丈夫なので、濡れた物もそのまま入れて持ち運べます。

スタッキングできるタイプなら、上に重ねて収納できるので、下にビニールプール、上にプール関連用品をしまうことができます。折りたためるタイプは、使わないときにコンパクトにしておけるので邪魔になりません。

 

3.ベッド下の隙間に衣装ケースを入れてデットスペースを有効活用

 
 
 
View this post on Instagram

m i y u *さん(@yu_life32)がシェアした投稿

ベッド下の隙間はデットスペースになっている人も多いのではないでしょうか。ベッド下に引き出し式の衣装ケースを置いて、その中にビニールプール収納しましょう。

無印良品の「ポリプロピレン衣装ケース」なら高さや幅を選べるので、自分のベッドの高さに合わせて選ぶことができます。収納場所がない人はベッド下のデッドスペースを有効活用しましょう。

 

4.透明な蓋つき衣装ケースならたっぷり入って中身も見える

衣装ケース

出典:暮らしの Door

蓋つき衣装ケース中身が見えるので、何が入っているかひと目で分かります。たっぷり入る衣装ケースは、エアポンプや水遊びグッズを一緒にしまっておけるので、これ一つでプール用品全てを収納できます。

蓋つき衣装ケースは、ホームセンター、ニトリや無印良品などで手に入ります。ニトリで売られている衣装ケースはコロ付きなので移動も楽ですよ。

 

5.アウトドア用収納ボックスにプール用品をまとめる

無印ポリプロピレン頑丈収納ボックス

出典:MORE SIMPLE

物置がない人や家の中に収納スペースがない人は、アウトドア用収納ボックスに入れて、保管しましょう。アウトドア用は頑丈に作られているので、人が乗っても大丈夫。ベランダや屋外に置いておけばベンチ代わりにも使えます。

アイリスオーヤマの「ボックス RVBOX」は、コストパフォーマンスに優れています。無印良品の「ポリプロピレン頑丈収納ボックス」はホワイトグレーなので、室内に馴染みやすいデザイン。価格を重視するか見た目を重視するかは、置く場所に合わせて商品を選びましょう。

 

6.元々入っていた箱に収納して片付ける

 
 
 
View this post on Instagram

juriさん(@myhome_westside)がシェアした投稿

ビニールプールは、子供が大きくなると使わなくなるもの。また経年劣化でずっと使えるものではありません。いつかなくなると考えると、新たに専用の収納用品を買うのはもったいないですね。

箱に入るサイズにたためる場合は、元々入っていた箱に入れて収納しましょう。箱を活用することで新しく収納グッズを購入する必要がありません。これ以上収納用品を増やしたくない人におすすめです。

 

ビニールプール収納アイデア6選まとめ

ビニールプールを片付けるときは、カビが生えないようにきれいに洗い天日干しでよく乾かすことが重要でしたね。収納アイデアとしては置き場所をどこにするかをまず考え、物置がある人は物置に、家の中にしまう場合は衣装ケースを活用すると便利でした。シーズンオフはカビ対策をしっかりし、ご自宅の保管場所にあった収納法で、また来年楽しく水遊びができるようにしましょう。

 

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら今すぐシェア!