2019年新年のご挨拶「今年は持続することを目標に」

2019新年の挨拶

新年明けましておめでとうございます。cataso編集長の辻田です。

2019年になりましたね。2014年からスタートしたcatasoは今年で6年目になります。1年の始まりということで、昨年の振り返りと今年の抱負をお伝えしたいと思います。

 

 

スポンサードリンク

 

2018年は運営体制再構築の年でした

2018年半ばから運営体制を再構築すべく、整理収納アドバイザーなど片付け・収納の専門家でもあるライターさんを採用。少しずつですが、着実に共に頑張れる仲間を増やしていきました。

改めて記事執筆と編集の体制を構築しなおした状態で、2018年後半にはある程度安定的に記事が書ける運用にまで持っていけました。

公開本数は少ないですが、収納アイデア関連の記事を中心に人気記事を作れる流れはできてきたと感じています。

 

2019年目標は「現状維持と少しの強化」

昨年Webメディア運営自体はキュレーションメディア問題が収束し、全体的に落ち着いてきた感があります。その中でGoogle検索エンジンにちゃんと評価され世の中に必要とされる記事になるかどうか、ひとつの分かれ道だったような気がします。

幸いなことに、catasoの記事は検索エンジンに嫌われず、必要とされる記事としてある程度評価され始めたのではないかと思います。

今年はまずそのベースを崩さず、現状維持のスタイルでどんどん価値ある記事を増やしていけたらなと考えています。そして、さらに体制を強化して、記事本数を増やしたいところです。

おそらくWebメディアはまたいろいろ増えたり、進化したりを繰り返すと思います。catasoとしてはあまり流されず、一喜一憂せず、長く持続することを目標にゆっくりやっていきます。

でも、それが一番難しいんですよね、ほんと。

頑張りますので、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

スポンサードリンク