Tシャツ収納アイデア9選「便利グッズを使って上手に!コレクションTにも、もう困らない」

Tシャツを干す写真

デニムやスカート、どんなボトムスにも合わせられるTシャツ。ブランドのロゴがプリントされていたり、アーティストのライブ会場でグッズとして売られていたり、コレクションしている人もいるのではないでしょうか。

必ずといっていいほど、みんな持っているTシャツ。クローゼットでどのように収納すると使いやすいか、Tシャツの上手な収納方法と収納アイデアを紹介します。Tシャツをたくさん持っているコレクターの方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

スポンサードリンク

 

毎回同じ大きさにたたんだり、柔らかいから立てて収納するのが難しい…Tシャツの収納でよくある困り事って?

たたむのが難しいTシャツの写真

[1]たたみ方が苦手!同じ大きさにたたむことができない

洗濯物をたたむの苦手で、「大きさや形がバラバラになってしまう」と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。Tシャツを毎回同じ大きさにたたむのは難しいですよね。同じ大きさにたためないと収納スペースに収まりきらなかったり、きれいに入れることができなくなってしまいます。

[2]生地が柔らかいから立てて収納が難しい

Tシャツは、元々肌着として着られていたことから、伸縮性がある肌触りの良い素材のものが多いです。生地が柔らかいものだと、クタッとなり立てて収納することができません。引き出しには、取り出しやすく見やすいように立てておきたいところですが、Tシャツを立てて収納するのは難しい。

[3]ハンガーにかけておくと型崩れや跡が残る原因にも

洋服収納はハンガー派という人は、Tシャツもハンガーにかけることでしょう。デリケートな生地のTシャツは、肩に跡が残ってしまうことがあります。長期間かけていると型崩れの原因にもなるので、ハンガー収納をする時は気をつけなければいけません。

[4]コレクションしているTシャツの管理が大変

好きなブランド、好きなアーティストのTシャツをコレクションしている人はいませんか? 買い足し続けるとどんどん増えてしまい、保管する場所に頭を悩ませてしまいます。大事なTシャツは、洗濯にも気を使うので管理が大変です。

[5]衣替えで長期間しまっておくと劣化やシワが気になる

衣替えで長期間しまっておいて、「プリント部分がくっついて剥がしたらボロボロになった」「たたみジワがついてしまった」という経験はありませんか? プリントがボロボロになった状態や、たたみジワがついたまま着るのは避けたいですよね。

 

Tシャツの寿命は2〜3年!便利グッズを使って同じ大きさにたたんで収納しよう

うまくたたむ必要があるTシャツの写真

[1]Tシャツの寿命は2〜3年!ヨレヨレのTシャツは処分を考えて

普段着としてTシャツを着る場合、2年ほどで襟や裾がヨレてきます。ヨレヨレのTシャツを着ていては、おしゃれを楽しめませんよね。クローゼットにあるTシャツで、痛みがひどいものは処分することを考えましょう。処分した分スペースが空き、残したTシャツの収納がしやすくなりますよ。

[2]プリントTシャツは、裏返してネットに入れて洗濯する

ロゴやイラストがプリントされているTシャツの劣化が気になる時は、洗濯方法を気をつけるだけで痛みを抑えることができます。洗濯中の摩擦を減らすため、裏返してからネットに入れて洗います。漂白剤は痛みの原因になるので使用NGです。乾燥機や紫外線も劣化の原因なので、裏返したまま陰干ししましょう。

[3]ハンガー・ピンチはNG?襟・裾のヨレを防ぐ

お気に入りのTシャツは、できるだけ長く着たいところですが、洗濯を繰り返すと襟や裾がヨレてきます。洗濯機で洗うより手洗いする方がヨレにくいですが、手洗いは面倒というときは、ネットに入れてから洗濯機で洗いましょう。

襟や裾をゴムで縛ると、更にヨレるのを防ぐことができます。ハンガーにかけて干すと襟が、ピンチに挟んで干すと裾が伸びるので、物干し竿に直接かけて干しましょう。ヨレを防いでから収納すると、キレイに着ることができますよ。

[4]洋服折りたたみグッズを使ってきれいにたたむ

洗濯物をたたむのが苦手という人は、Tシャツを同じ大きさに折りたためるグッズが売られているので活用しましょう。薄い板の上にTシャツを置いて板と一緒に折りたたみます。

グッズを使うことによって全て同じ大きさにたためるので、収納した際の見た目もいいですし、グッズごと一緒に収納できるものもありますよ。

[5]長期間保管するときは、紙を挟むとプリントがくっつかない

衣替えなどで、長期期間保管する際は、プリント面に薄い紙を挟むとくっつきません。つるつるしたクッキングシートを使えば、よりくっつきません。また、ぎゅうぎゅうに詰め込むと密着してくっつきやすくなるので、余裕を持ってしまいたいですね。

 

 

裏返しにしてネットに入れて洗い、物干し竿にかけて陰干しするのが、お気に入りのTシャツを長く着るためのポイントです。たたむのが苦手な人は、同じ大きさにたためる便利グッズを使ってたたむと、収納する際ラクになります。

それでは、実際のクローゼットの中の収納アイデアを見ていきましょう。

 

1.厚みを持たせるたたみ方で、タンスの引き出しに立てて収納

 
 
 
View this post on Instagram

yusi(そこそこミニマリスト)さん(@___y_s_h___)がシェアした投稿

衣類は、たたんでタンスの引き出しに入れるとコンパクトに収納できます。Tシャツは柔らかいので平べったくたたんでしまうと、自立させることができません。柔らかく自立が難しいTシャツは、立てて入れても倒れないよう厚みを持たせるたたみ方をしましょう。

 

2.仕切りケースを使って他の服と混ざるのを防ぐ

 
 
 
View this post on Instagram

ESSEonlineさん(@esse_online)がシェアした投稿

ひとつの引き出しにTシャツ以外の服もしまうときは、仕切りケースを使うと便利。仕切りケースで空間を分ければ、他の服と混ざってぐちゃぐちゃになりません。

不織布の仕切りケースは、無印良品やセリアで手に入れることができるので、ごちゃごちゃになりがちの引き出しは、仕切ってきれいに使いましょう。

 

3.引き出しの中は吸盤×突っ張り棒で区切っても使いやすい

 
 
 
View this post on Instagram

奈緒*HappyLiving*削ぎ家事研究室 室長さん(@0516nao)がシェアした投稿

プラスチックの引き出しを縦半分に区切りたいときは、突っ張り棒を使うアイデアもあります。普通の突っ張り棒では、柔らかい引き出しの中で突っ張ることができませんが、突っ張り棒の両端のキャップを外し、そこへ吸盤をはめ込んで使うとズレ落ちません。

 

4.100均の書類ケースを使えば、積み重ねても取り出しやすい

 
 
 
View this post on Instagram

しまさん(@shima.umi)がシェアした投稿

Tシャツを積み重ねると下になっている服が取り出しづらいですが、100均の書類ケースを使えば、積み重ねても取り出しやすい収納ができます。上に重ねていけるので、Tシャツが増えたら、どんどん上に書類ケースを付け足せばOK。

ライブTシャツを集めている人やコレクションしていて、これからどんどん増えるという人は、書類ケースを使って積み重ねましょう。

 

5.EZSTAX(イージースタックス)で1枚ずつ重ねて収納

 
 
 
View this post on Instagram

MAMADAYS -ママデイズ- 公式Instagramさん(@mamadaystv)がシェアした投稿

Tシャツを1枚ずつ重ねて収納するのに便利なアイテム、EZSTAX(イージースタックス)。薄いプラスチックにたたんだTシャツをのせ、重ねるだけ。めくるようにして使えば、Tシャツを崩さず取り出せます。

オープンラックの棚に置いて使ってもいいですし、タンスの引き出しに入れても使えます。平積みしたいけど、下にあるTシャツが取り出しづらいと感じている人は、Tシャツ専用の便利グッズを活用しましょう。

 

6.ダンボール製のTATEMU(タテム)を使えば本棚にもしまえる

 
 
 
View this post on Instagram

暮らしをおしゃれにさん(@lh_watanabe)がシェアした投稿

Tシャツを見せる収納がしたい、本のように取り出せたら…バンドー株式会社から発売されている「TATEMU(タテム)」は、そんな願いを叶えてくれます。ボール紙の上にTシャツを置き、後は順番に折りたたみ、そのまま本棚やオープンラックに立てて収納できます。薄手用と厚手用があり、厚手用は長袖のTシャツにも対応できるので、家中のTシャツを立てることができます。

洗濯物をきれいにたたむのにも使えるTATEMU(タテム)ですが、段ボールで手作りすることができます。洗濯物をたたむのに役立つので、作り方を調べて自作してみてもいいかもしれませんよ。

 

7.旅行など持ち運ぶときは米軍式たたみ方でコンパクトに丸める

 
 
 
View this post on Instagram

Chihiro Furukawaさん(@_pipipi8229)がシェアした投稿

旅行の行きは良くても、「帰りはお土産が増えてスーツケースがパンパンで入りきらない」と、困った経験はありませんか? 旅行などでTシャツを持ち運ぶときは、コンパクトに丸める米軍式たたみ方がオススメ。

丸めることによって、圧縮袋がなくても衣類を手軽に圧縮できます。ただし、伸びやすいデリケートな生地には向いていないので、気をつけてくださいね。

 

8.滑らないハンガーにかけてヨレと型崩れ防止

 
 
 
View this post on Instagram

_mizuho___さん(@miiiiiii_y)がシェアした投稿

シワがつきやすい素材や、お気に入りのTシャツはハンガーにかけて置きたい服もありますよね。Tシャツをハンガーにかけると襟や肩に負担がかかりヨレや型崩れの原因になってしまいます。

滑らない特殊コーティングをされているハンガーは、生地への負担を軽減してくれるので、襟がヨレたり、型崩れするのを防いでくれます。マワハンガーやニトリ、100均でも売られているので、気になる人はチェックしてみてください。

 

9.ツアーやライブで買った大事なコレクションはジップロックに入れて保管

 
 
 
View this post on Instagram

ahiru74さん(@ahiru74)がシェアした投稿

好きなアーティストのツアーやライブで買ったTシャツは、大事に保管したいですよね。ただ、たたんでしまっておくと、お目当のTシャツがどこにあるか探しているうちに、タンスの中がごじゃごじゃになってしまいます。お目当のTシャツを探しやすく、取り出しやすくするために、ジップロックに入れて収納しましょう。

絵柄が前になるようにたたんで袋に入れると、一目で何のTシャツか分かります。袋に入れることで立てて収納でき、Tシャツ同士がくっつくこともありません。袋の中に衣類用シリカゲルを一緒に入れておけば、湿気から大事なTシャツを守ることができ、劣化も防げます。

 

Tシャツ収納アイデア9選まとめ

Tシャツは、たたんでから引き出しにしまうとコンパクトに収納できます。ハンガーにかけて収納するときは、型崩れしないように滑らないハンガーを使いましょう。

コレクション用のTシャツは、ジップロックに入れて除湿剤を入れると劣化を防げます。手持ちのTシャツの種類と数に合わせて、収納方法を選んでくださいね。

スポンサードリンク