スーツ収納アイデア11選「ガーメントバッグや専用ケースでコンパクトに持ち運ぼう」

男性がスーツを着る写真

仕事や冠婚葬祭、華やかなセレモニーで着る機会が多いスーツ。上下セットのスーツには夏用、冬用があるので、クローゼットが圧迫されていませんか? 

フォーマルシーンで着用するものだから、収納にも気をつかいます。そこで、クローゼットに収納するアイデアから、持ち運ぶときに便利なアイデアまで、シワにならない収納方法をたっぷりと紹介します。

 

スポンサードリンク

 

シワ、テカリ…高価なスーツは気をつかう!スーツの収納でよくある困り事って?

スーツとバッグの写真

[1]クローゼットがスーツで圧迫される

仕事で毎日スーツを着る人は、夏用、冬用数着ずつ用意しなければいけません。それに加え、ワイシャツやネクタイ、ベルトも収納しなければならず、クローゼットがスーツで圧迫されてしまいます。

[2]出張への持ち運び方法に頭を悩ませる

出張や遠出の冠婚葬祭に行くときは、スーツを持ち運ぶ必要があります。そのままバッグに詰めるとシワになりやすいので、どのように持ち運べばいいか頭を悩ませてしまいます。

[3]形が合わないハンガーにかけておくと型崩れする

シワにならないようにとハンガーにかけておいたら、型崩れしてしまった経験はありませんか? 肩パットが入っているので、形が合わないハンガーにかけておくと型崩れしてしまいます。まだ着れるのに、型崩れしたからといって捨てるのはもったいないですよね。

[4]スーツのズボンについたテカリが気になる

スーツのズボンは、履いているうちにテカリが出てきます。テカリが出たズボンを履いていると、かっこ悪いですし、仕事面でもズボラな人と思われるかもしれません。仕事をするときは、身だしなみに気をつけることも社会人のマナーです。

[5]ほったらかしにしていると虫喰い被害やカビが生える

久しぶりにスーツを出してみたら、虫に喰われていた、カビが生えていたでは、焦ってしまいます。クリーニングに出したからといって、ほったらかしにしていると、知らず知らずの内に虫喰い被害にあっていたり、湿気が溜まってカビが生えることも。

 

シワやテカリを抑えて長持ちさせるコツは、日頃の衣類ケア!防虫、湿気対策も忘れずに

ハンガーにかかったスーツの写真

[1]シワになりにくいスーツのたたみ方

出張などでスーツを持ち運ぶ際に便利な、シワになりにくいスーツのたたみ方をご紹介します。

<スラックス>

①センタープレスに沿って半分に折ってシワを伸ばす。

②裾から1/3のところで折り、もう一回折って三つ折りにする。

<ジャケット>

①ボタンを留め、背中を上にして平置きする。

②脇を中心に合わせて半分に折り、袖部分も折り込む。

③ズボンをジャケットの襟にあわせて置き、ジャケットの裾から折りたたんで完成。

[2]着用後はファブリックスプレーとブラシで衣類ケア

1日中着ているスーツは、汗のニオイや汚れが気になります。着用後はファブリックスプレーでニオイを取りましょう。衣類ブラシでほこりを取るのも忘れずに。

ブラッシングは、潰れた繊維をふわっと立ち上がらせ、スーツのテカリをおさえる効果もあります。スーツを長持ちさせるためにも、消臭スプレーとブラッシングで衣類ケアをすることが大切です。

[3]霧吹きやスチームアイロンでシワを取る

着用していると、曲げ伸ばしする部分にシワがつきます。シワがついたまま翌日も着ることは避けたいですね。シワを取るには水分を含ませて乾燥させること。霧吹きをかけてドライヤーで乾かしたり、スチームアイロンでシワを取りましょう。

[4]クリーニングから返ってきたら付属の袋を外す

クリーニングに出して返ってきたら、そのままにしている人はいませんか? クリーニング店でつけてもらうビニール袋は、ガスを注入しているので、そのままにしていると変色することも。また、通気性が悪く湿気がたまりやすいので、付属のビニールは外して保管しましょう。

[5]シーズンが終わったら防虫・湿気対策をしてしまう

シーズンが終わってクリーニングに出した後は、防虫対策と湿気対策をすることも大事。防虫タイプの収納袋もあるので、そういったものに入れてしまうと安心です。ぎゅうぎゅう詰めにしておくと通気性が悪くなるので、ゆとりを持ってしまいましょう。

 

 

スーツは高価なものが多いので、長持ちさせるためにも日頃から衣類ケアをする必要があります。

ファブリックスプレーをかけたり、ブラッシングをしたり、霧吹きやスチームアイロンでシワを取りましょう。クリーニングから戻ってきたら付属の袋を外し、防虫・湿気対策をしてしまい込みます。

それでは、シワになりやすいスーツのクローゼットでの収納アイデアや、持ち運ぶときの収納アイデアを見ていきましょう。

 

1.肩幅にあった、太めのハンガーを選んで型崩れ防止

 
 
 
View this post on Instagram

Kacchidesuyoさん(@katsumata1116)がシェアした投稿

肩パッドが入っているスーツは、肩幅のあわないハンガーや細いハンガーにかけておくと、型崩れを起こしてしまいます。

ハンガーにかける際は、「肩幅にあったもの」「丸みの帯びた太めのもの」を選ぶと型崩れ防止になります。100均やニトリでも売られているので、スーツはスーツ用ハンガーにかけましょう。

 

2.一緒に使うワイシャツやネクタイ、ベルトの近くに収納

 
 
 
View this post on Instagram

emiさん(@emiyuto)がシェアした投稿

仕事でスーツを着るときは、ワイシャツやネクタイ、ベルトも一緒に着用します。バラバラに収納しておくと、身支度に時間がかかってしまいます。

手を伸ばせば届く範囲内に全て収めておけば、動かずに着替えができます。忙しい朝のためにも、一緒に身につける衣類はまとめて近くに収納しておきましょう。

 

3.上着とズボンは上下で分けて、収納空間を最大限に活用

 
 
 
View this post on Instagram

ayaさん(@as.maison09)がシェアした投稿

上下セットのスーツは、かさばるのでクローゼットを圧迫しがち。そんなときは、「スラックスハンガーラック」を使い、上着とズボンを上下に分けて収納しましょう。

「スラックスハンガーラック」は、キャスターつきなので押入れで使っても便利。上段にジャケット、下段にスラックスを入れておけば、収納空間を最大限に活用できます。

 

4.スーツとスーツの間はゆとりをもって、シワ予防

 
 
 
View this post on Instagram

Minaさん(@ash_oops.37)がシェアした投稿

シワにならないようにハンガーにかけておいても、ぎゅうぎゅう詰めにしてはシワになってしまいます。スーツとスーツの間は少しあけると、シワになりません。

ハンガー収納は取り出すのがラクなので、色々かけておきたいところですが、シワがついては意味がありません。ゆとりをもってかるられるよう、たたんでしまえる衣類はたたんでしまいましょう。

 

5.部屋に脱ぎっぱなしにする人は、スーツラックにかけるだけの簡単収納

 
 
 
View this post on Instagram

house account さん(@yucham_777)がシェアした投稿

仕事から疲れて帰ってきて、スーツをハンガーにかけるのも面倒と思う人は、スーツラックを使うのはいかがでしょう。ハンガーを取り出さなくても、上着とズボンを本体にかけるだけなので簡単に収納できます。

いつも脱ぎっぱなしになって困るという人は、簡単にしまえるスーツラックを置いてみるのを検討しましょう。

 

6.外出中でも安心「ポータブルスーツハンガー」を使ってスマートに持ち運ぶ

 
 
 
View this post on Instagram

Fumei Chanさん(@fumei_chan)がシェアした投稿

仕事中「暑くなってきたから上着を脱ぎたい…」と、思うこともあるかと思います。手に持っているとシワになるし、手がふさがってじゃまになりますよね。

そんなときは、「ポータブルスーツハンガー」を持っていると助かります。スーツをたたんでハンガーにかけ、バッグの持ち手に引っ掛けて使います。これならじゃまにならずスマートに持ち運ぶことができます。

 

7.自転車通勤にぴったり!リュックになる「ヘンティーウィングマン」ガーメントバッグパック

ヘンティーウィングマンガーメントバックの写真

自転車通勤をしていて、会社に着いてからスーツに着替えたいという人は、バッグパックになるスーツ収納はいかがですか?

「Henty Wingman(ヘンティー ウィングマン)」のガーメントバッグパックは、スーツを入れて丸めるとリュックになります。丸めるからスーツがシワになりにくいのも嬉しいですね。

 

8.男性ならひとつは持っていたい。出張に便利なガーメントバッグ

 
 
 
View this post on Instagram

PORTER STANDさん(@porter_stand)がシェアした投稿

スーツを持ち運ぶといえばガーメントバッグ。ハンガーにかけたまま、収納袋に入れてバッグのように持ち運べます。スーツだけではなく、ベルトやネクタイも収納できるポケットがついているので、出張時にひとつあると便利です。

有名どころでは、「吉田カバン」「RIMOWA(リモワ)」「TUMI(トゥミ)」「Samsonite(サムソナイト)」などがあります。手頃な価格から、高級なものまであるので、自分にあったガーメントバッグを見つけてみてはいかがでしょう。

 

9.ひとつ二役!ボストンバッグにもなるガーメントバッグ

ボストンバッグにもなるガーメントバッグの写真

ガーメントバッグを持つと荷物が2つになってイヤという人は、スーツを収納しながら、ボストンバッグにもなるガーメントバッグはいかがでしょう。

スーツを収納し、ファスナーで組み立てればボストンバッグに早変わり。ワイシャツや着替えを入れるのにぴったり。宿泊が伴う冠婚葬祭にも、これひとつあれば事足りそうです。

 

10.コンパクトに持ち運びたい人は「ワンツーフィニッシュハンガーケース」

ワンツーフィニッシュハンガーケースの写真

手荷物を増やしたくないから「キャリーケースの中にしまいたい」という人は、コンパクトにたためるスーツ用ハンガーがあります。

「ワンツーフィニッシュハンガー」は、ハンガーが折りたためる構造になっていて、スーツをかけたままたたむことができます。ズボンも一緒に収納可能で、リュックにも収まるコンパクトサイズに。

 

11.オランダ生まれのガーメントケース「ローラー・プレステージ」

ローラー・プレステージガーメントケースの写真

人と違ったおしゃれなガーメントケースが欲しいという人は、「ROLLOR prestige(ローラー・プレステージ)」はいかがでしょう。オランダ生まれの全く新しいガーメントケース。

広げたローラーの上にスーツをおき、クルクル巻いていくだけ。ショルダーストラップを取りつけて肩にかけるか、スーツケースの持ち手にセットして持ち運べます。

 

スーツ収納アイデア11選まとめ

クローゼットや持ち運ぶ際に使えるスーツの収納アイデアはいかがでしたか?

スーツ用のハンガーにかけて、ゆとりをもって収納することが、シワや型崩れを防ぐコツでした。出張などで持ち運びたいときは、ガーメントケースを使ってスマートに持ち運びましょう。さまざまな種類のスーツのキャリーバッグが売られているので、サイズや用途を考えて自分にあったものを見つけてくださいね。

 

スポンサードリンク